前半リードしていたショーストロムを池江が75mでとらえて逆転。0秒25差をつけて優勝するとともに、自己の持つ記録を0秒35更新する55秒31の短水路日本新記録をマーク

出典池江が100mバタフライで日本新記録をマークして優勝!<FINAスイミングワールドカップ2018東京大会>公益財団法人日本水泳連盟 公式ホームページ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「肩で息している場面が」‥池江璃花子さんの会見で語られたこと

競泳女子の池江璃花子選手がツイッター白血病と診断されたことを公表しました。報道を受け、日本水泳連盟は12日、都内で会見を実施し、池江選手の詳細や合宿中の様子が語られました。

このまとめを見る