1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

新記録を樹立し今後の東京五輪で金メダルを期待できる池江璃花子選手が白血病で発症し入院していることが判明しました。一昔前は不治の病として認知されていましたが、近年では医療の発達により生存率がグンと上がっているようです。

かなえchさん

池江璃花子さんとは?

東京都江戸川区出身の競泳選手。専門は自由形とバタフライ。2018年8月28日現在、身長171cm、リーチは186cm、足のサイズは26.5cm。ルネサンス所属。マネジメント契約先は株式会社ジエブ。2018年8月12日現在、個人種目12個とリレー種目9個、計21種目の日本記録を保持している。

生年月日: 2000年7月4日 (年齢 18歳)
生まれ: 東京都 江戸川区
身長: 170 cm
体重: 57 kg

白血病を発表

競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス亀戸=が12日、自身のツイッターを更新。白血病を患っていることを告白した。池江は先月18日から豪州で合宿を行っていたが、マネジメント会社が7日早期帰国を発表していた。

池江が所属するルネサンスの吉田正昭社長はこの日、東京都内で会見。池江が現在入院中で、担当医師からは早期の発見だったと伝えられたことを明らかにした。

白血病とは?

慢性骨髄性白血病では、血液、骨髄の両方で芽球から成熟した細胞まで白血球の著明な増加があり血小板も増加していることが多く、慢性リンパ性白血病では成熟したリンパ球が著明に増加する。

白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。
日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で11.4人、女性で7.9人の割合で白血病と診断されています(2011年のデータ*)。

治療法は?

白血病の治療効果判定は、寛解かんかいという状態であるか否かで判断します。通常は骨髄穿刺の検査が必要となります。その為、白血病の治療では何度も骨髄穿刺の検査を行うことになります。

化学療法

近年、急性骨髄性白血病(AML)の治療は非常に進歩してきました。治療の基本は、骨髄中に増えた白血病細胞を死滅させ、正常な血液細胞を増やすというやりかたです。

そして、抗がん剤を用いた化学療法は、急性骨髄性白血病(AML)の第一の治療法になります。
化学療法による治療は、「寛解導入法」「地固め療法」の順でおこないます。

第一段階となる寛解導入療法の目標は、文字通り「寛解」になることです。この寛解とは、骨髄中に存在する白血病細胞が全体の5%以下の状態です。通常7~10日間抗がん剤が投与されます。その後、白血病細胞だけではなく正常な血液細胞も骨髄の中から減少します。

赤血球や血小板が極端に減少した時には輸血が行われます。白血球は輸血することはできませんので、抗がん剤の投与の後、自然に白血球が増えてくることを待ちます。この期間は約4週間くらいです。

白血球が回復した時に骨髄穿刺を行い、寛解状態であるかどうかを調べます。およそ8~9割の患者さんがこの段階で寛解状態になることが期待できます。

※急性骨髄性白血病(AML)の中でもM3というタイプは治療に用いる抗がん剤が異なります。

M3においては、他のタイプの治療で用いられる抗がん剤に加えてレチノイン酸というビタミンA誘導体(all-trans retinoic acid:ATRA(アトラ))が用いられます。

その為、寛解導入療法中には他のタイプの白血病の治療ではみられないアトラによる副作用と、出血をおこしやすい状況があります。これを乗り切ることができれば、M3は急性骨髄性白血病(AML)の中でも非常に予後の良いタイプといえます。

白血病細胞を死滅させる化学療法により、多くの患者さんは治療中に不快な副作用や合併症を経験します。

考えられる副作用としては、脱力、吐き気、嘔吐、下痢、脱毛、貧血、血液凝固能の低下、食欲不振、易感染性いかんせんせい(免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染しやすい状態にあること)および口腔・咽喉の痛みがあります。

これらの副作用に関しての詳細は後述します。

※白血病の治療は、非常に強い抗がん剤を用います。

その為、高齢者の方(65歳以上)では、年齢や体の状態、心臓、肝臓、腎臓などの臓器の状態を考慮して抗がん剤の量や投与日数を減らすことがあります。また、ご高齢の患者さんや状態の非常に悪い患者さんの場合には寛解をめざすのではなく白血病細胞を減らすことを目的とした治療を行うこともあります。

このような場合は、治療後に寛解になる可能性は低くなりますが、副作用や合併症により命を落とす危険を考えるとこのような治療方法を選択せざるをえないのです。

寛解導入療法で寛解が得られたと判定されたら、血球細胞が回復したことを採血により確認した後、すぐに、第二段階となる地固め療法を行います。

この段階の目標は、寛解導入療法で5%以下になった白血病細胞を更に死滅させ、根治させることです。地固め療法でも強い抗がん剤が使われますが、これも、治療後の白血病の再発を防ぐために必要な治療なのです。

最近では、この地固め療法で強力な治療を行う事で、以前行われていた地固め療法後の維持・強化療法がおこなわなくてもよいとされています。

地固め療法でも強い抗がん剤が使われるので、寛解導入療法と同様の副作用や合併症が現れます。また、治療後に血液細胞が減少した際には、その程度に応じて赤血球や血小板の輸血が必要になることもあります。

地固め療法が終了し、効果判定にて寛解を維持していた場合は、急性骨髄性白血病(AML)のタイプや年齢や体の状態を考慮して、治療を行わずに経過をみる場合と造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)を行う場合があります。

Twitterの反応は?

池江選手のニュースで骨髄バンクのドナー登録について調べてる方が多いみたいだけど、ドナーまではなかなか…という方はぜひ献血に行って頂きたいと思います。血液疾患始め、がんの治療には輸血が必要になることが多いので、ドナーになるのが無理でも患者さんたちの助けになります!

昌磨さん、池江選手の白血病について聞かれ、 「僕は無知で白血病がどういうものかわからない、でも病気怪我で一番つらいのは本人。僕が何かを言う権利はない」 その通りだし、帰国して急に「同じアスリートとして」とインタされても答えられないよ…そもそもその報道知らなかったりするじゃん

池江選手の白血病による療養に対し、ワイドショーで「オリンピックは大丈でしょうか?」などと喋っていましたが、正直不愉快でした。オリンピックの出場云々よりも、池江選手の健康のほうがよっぽど大事でしょう。 池江選手が白血病公表で日本水泳連盟が会見 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

@rikakoikee 私も池江選手と同じ学年で、白血病の治療中です。 治療中、いつも同学年の池江選手の泳ぎを見て元気を頂いておりました。 闘病は前向きな気持ちでいれば、乗り越えられるものだと思っています。 今は治療だけに専念し、また私に池江選手の活躍を見せてください。 ファイト✊‼️ #白血病 #池江璃花子

フジテレビ、「診断を受けた時の池江選手のリアクションを教えてください」 聞いて意味あるのか? 配慮に欠けるクソ質問 質問する側にも礼儀はあるし、そう言うところに気も回せない奴が記者をやっているって信じられない 品性を疑いますね 人間として最低だと思いますよ #池江璃花子

体が震えています… 池江選手…混乱している中でも病名を公表したことに勇気と強さを感じます…そして、この状況の中でも周りを気遣う優しい気持ち…このような素晴らしい選手なのです。今はただただ…完治に向けて…祈ります。彼女をサポート出来ることは何か…まずは水泳OBOGみんなで考えます。 https://t.co/b38fKriJ2R

池江選手が白血病を公表したが、ワイドショーが池江璃花子さんの病状の心配よりも東京オリンピックの金メダルの心配ばかりしていて、辟易した。 「過剰な報道や取材を控えて」と言ったコメンテーターにも「いや、でもこういう立場の人なので〜」と、言い返す。 マスコミって何のためにあるんだよ…。

昌磨くん、羽生さんが怪我をした時も「一番つらいのは本人だから」とそれ以上何も言わなかったよね。 昌磨くんのそういうところが好きだ。 池江選手の治療が順調に進みますよう祈ります。

1