1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

MSN_MWさん

競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が12日、検査を受け白血病の診断を受けたことを自身のツイッターで明かした。

東京五輪出場については医師と相談して復帰の時期については改めて報告するとした。

池江璃花子選手とはどんな人?

・生年月日 2000年7月4日
・出身 東京都
・身長 170センチ
・体重 56キロ
・足のサイズ 26.5
・所属 ルネサンス

池江璃花子選手が水泳を始めたのは兄姉の影響で3歳のときだそうです。

5歳の時には自由形、バタフライ、平泳ぎ、背泳ぎの4つの泳ぎ方で50メートル泳げることができたというのには驚きです!

昨年の紅白歌合戦では審査員も務められました!

白血病とは

白血病には、大きく分けて急性と慢性の2つに分けられ、病状や治療方法は異なりますが、池江選手については現時点ではどちらであるかは明らかにしていません。

まず白血病は、「血液のがん」とも表現されています。
血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。

「原因もなく、血液中の白血球が無制限に増殖する病気(白血球になる幹細胞が過度につくられる)」とも言えます。

白血球が異常に増えることで、赤い血液が白みを帯びて見えるところから、ドイツの病理学者ウィルヒョウが名づけたと言われています。

日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で11.4人、女性で7.9人の割合で白血病と診断されています(2011年のデータ:国立がん研究センターがん対策情報センター)

白血病の原因は?

白血病を含む「がん」は、一般に遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられています。

白血病は遺伝しませんので、親が罹ったとしても、子どもが必ず白血病になるわけではありません。

診断方法は?

急性白血病は特有の症状がないため、問診から急性白血病が疑われることはほとんどありません。症状や血液検査などの異常で急性白血病が疑われる場合は、確定診断をするために検査がおこなわれます。

治る病気

白血病から復帰されたアスリートや芸能人の方も大勢いらっしゃいます!

2016年4月に急性白血病と診断されましたが、2018年に復帰を果たされています!

「私も完治したから頑張ってください」といった声がツイッターでは大勢寄せられていますので、後ほど掲載します。

今後は?

先月、日本大学のスポーツ科学部のAO入試に合格したと報じられたが、上野広治副会長によると「登校できるかの問題はあるが、日大への入学、水泳部への入部は(本人と)確認を取っている。変更はない」とのこと。

ネットでは応援の声にあふれています。

1 2