1. まとめトップ

池江璃花子さん白血病公表受け‥ドナー登録呼びかけが広まっている

ツイッターで白血病と診断されたことを公表した競泳・池江璃花子選手。この公表を受け、公益財団法人の日本骨髄バンクが12日、公式ツイッターで「たくさんの問い合わせ」を受けていると報告しました。

更新日: 2019年02月12日

2 お気に入り 1891 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●ツイッターで白血病と診断されたことを公表した競泳・池江選手

・先月18日から、オーストラリアで合宿を行っていた

今月10日に帰国予定でしたが、体調不良のために切り上げて帰国することを7日に発表していました。

●池江さん公表を受け、日本水泳連盟は12日、都内で会見を実施

池江璃花子選手(18)が自身のツイッターで白血病と診断されたことを公表したことを受け、日本水泳連盟は12日、都内で会見を実施。

会見には日本水泳連盟の青木剛会長、上野広治副会長、池江選手が所属するルネサンスの吉田正昭社長、三木二郎コーチが出席。

所属事務所のルネサンス代表取締役社長の吉田正昭氏が池江選手の状況について説明

・「早期の発見ができた」と説明を受けたことを明かした

医師の判断により療を直ちに開始するため、池江選手は現在入院中で「早期の発見ができた」と説明を受けたことを明かした。

池江選手の病名について「白血病としか言えない。(急性か慢性かは)もう少し時間がかかる」と述べ、ルネサンスの吉田正昭社長は池江選手が現在入院中であると明らかにした。

・コーチによると「今まで見た事ない肩で呼吸していた」という

合宿に帯同していた三木コーチによると「今まで見た事ない肩で呼吸していた」という。

その後、現地で「血液検査、心電図を行いました。現地で検査2月6日に血液検査が出て、早く帰国して再検査をしたほうがいい」とし、帰国した。

・池江さんについては「病気に立ち向かう姿勢を見せており、それは頭が下がる思い」などとコメント

自身「びっくりしている状態」と話したが「(闘病に向け)本人が、やる気というか、モチベーション高く、病気に立ち向かう姿勢を見せており、それは頭が下がる思い」と

池江が闘病への強い意思を見せていることを明かし、ファンに向け「見守っていただければと思います」と訴えた。

・一方、今後の復帰などについては「あらためてご報告いたします」とした

1 2 3