1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

仲邑菫さんだけではない…上野梨紗さんプロ決定で、盛り上がる囲碁界が今とても熱い!!

仲邑菫さんが最年少でプロになって話題になっていますが、この度上野梨紗さんもプロになることが決定して話題になっています。因みにお姉ちゃんもプロなので、史上最年少の姉妹プロ囲碁棋士になるわけで、今後の囲碁界の発展に大きく期待できそうですよね!?

更新日: 2019年02月12日

3 お気に入り 3609 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

仲邑菫氏が最年少で囲碁のプロになって話題になっている中

若いっていいですね!!実力を全力で示してほしいです。

小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さんが、
囲碁界史上最年少のプロになることが明らかとなりました。

これまでの記録は、藤沢里菜女流本因坊が持つ、11歳6ヶ月
でしたが、仲邑菫さんは、なんと10歳0ヶ月でのプロ入りとなりました。

子供の能力が開花するのは、環境次第では無限大だということが証明されつつあります。

今後の囲碁界の発展のため、世界を狙える能力を持つ子供の英才教育を組織的に行います。

そして、将来的に世界の2強を形成する中国、韓国に対抗できるプロ棋士として活躍してもらいます。

若者が出やすい土壌になっています。

井山七冠から、「今回の受賞は、囲碁界全体を評価していただいた結果であり、囲碁界を盛り上げ、囲碁の魅力を知ってもらうよう頑張る。また、自分を見失わず、信じる道を歩んでいきたい」と謝辞があった。

第二の国民栄誉賞は現れるか?

上野梨紗さんがプロに!!なんと史上三番目の速さ!!

日本棋院は12日、囲碁の女流棋士採用試験でトップの成績(7勝1敗)を収めた上野梨紗さん(12)のプロ入りが決まったと発表した。

同試験は女性の院生や外来の受験者らでリーグ戦を行い、上位1人をプロ棋士として採用するもの。

4月1日の入段時の年齢は12歳9カ月で、同日付でプロになる大阪市の仲邑菫さん(9)の10歳0カ月、藤沢里菜女流3冠(20)の11歳6カ月に次ぐ史上3番目の若さ。

上野さんは東京都出身で、藤沢一就八段門下。今回、女流棋士採用試験を7勝1敗の1位で通過した。タイトル保持者の上野愛咲美女流棋聖(17)は姉。

姉妹ですごい!

今後どうなるのだろうか?

女流棋士採用試験は女性限定のプロ試験で、院生外来問わず受験することができます。
合格人数は1名です。

女流特別採用では、特に実力のある女性棋士に対して、囲碁界の普及発展を目的として特別に棋士採用を行う推薦枠です。

こういった制度もあるのです。

2018年に決定した新しい試みで、2018年は3名の方が採用されました。
この推薦枠によって棋士となった方は正棋士ではなく、推薦棋士としての扱いを受けます。

特定の条件を満たせば、正棋士になります。

将棋も以前は囲碁のイメージに近かったと思いますが、近年の藤井聡太四段の活躍を始め、メディア戦略が上手くいったイメージがあります。

メディアといってもテレビだけではなく、現在様々な媒体があるので、その中で注目を集められれば、充分にヒットする可能性もある。というのが個人的な見解です。

藤井四段の影響で、将棋を始める子供たちも増えているようだが、文部科学省も知育にふさわしいと推奨している囲碁のことも、もっと注目されるべきかもしれない。

若手が活躍すれば、囲碁が将棋を抜く時代が来る可能性だってあるかもしれませんよ!!

様々な声が…

上野愛咲美さんの妹の上野梨紗さんが入段を決めた。 もしかして、史上最も若い姉妹棋士の誕生かな? すごいね。期待大。 nihonkiin.or.jp/player/saiyou/…

上野梨紗新初段の活躍が楽しみですよ(ちょっと3月中旬くらいまで多忙マンなので、姉上の女流棋聖防衛の祝賀イラストなども含めて描く碁イラストなどは後日…)

1 2