1. まとめトップ

口コミ攻略が美への第一歩!脱毛をはじめとした美容系口コミサイトまとめ

ポータルサイトは、Yahooなど検索サービスを提供するサイトがジャンルごとにWebサイトへのリンクをまとめたことから始まりました。現在はそのジャンルに特化した情報を集約したサイトをポータルサイトと呼ぶことがあります。

更新日: 2019年03月06日

1 お気に入り 1662 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

enewさん

ググっても情報が見つからない時代がやってきました

「ググれカス」なる単語を使っていた世代なんだが、最近検索で物事を解決できない。ググれる情報は「いかがでしたか? 残念ながらググれる情報はあまりないようです」っていうクソサイトにたどり着くし、有用な情報はもはやネットに誰も書かなくなたったし。一周回って本買ってる最近

万単位でリツイートされ、話題になりました。

検索の掛け方もテクニックですね 検索サイトを使い分けたり、広告やノイズの多そうな単語を避けたり

「調べる」だけなら本でもいいですが、「意思決定」のための下調べには口コミが有用そうです。

ユーザー が商品を購入したり、サービスの申し込みをするきっかけのひとつに「 口コミ 」があります。

各社が商品やサービスの優れた点だけを、インターネットなどで、これでもかと魅力的に訴求しているので、かえって消費者は良い商品やサービスを理解し、適切な選択ができにくくなっています

バズマーケティングと呼ばれているそうです

慶應義塾大学の調査によると、企業が提供する商品やサービスに関する情報に関して、消費者の90.5%が何らかの不満をもっており、消費者は、企業が都合のいい情報しか提供していないと半数以上が感じています。
このことが企業の発信する情報への不満につながっています。その結果、ネガティブな情報も含むクチコミを消費者が重要視する理由になっています。

「口頭(電話、対面)」が最も多く、次いで「商品を購入したサイト内のレビュー」となりました。「SNS、アプリなどのツール」を使ってクチコミ発信を行う人は全体の30.1%。

口コミ情報利用者が、口コミ情報を参考にして購入する商品は、(中略)女性では、「化粧品・美容用品」「衣類・ファッション雑貨」の他、「宿泊、旅行など」「飲食店」「病院」も高くなっています。

美容に関してもっと深掘りしてみましょう

口コミを利用した美容系ポータルサイトをジャンルごとにまとめました!

目次
1:脱毛
2:エステ
3:美容院
4:化粧品
5:健康食品

その1:脱毛〜部位別・地域別・予約の取りやすさなど、あなたにあった脱毛を見つけよう〜

脱毛は初期ハードル(費用など)が高いので、体験している人の情報価値(=口コミ)が相対的に高いのかもしれません。
自分の考えにあった口コミを見つけられるようなサイトを探しましょう!

・自分にぴったりの脱毛サロン・クリニックを教えて欲しい!地域別の絞り検索も可能!!→公式のLINE@がある「脱毛LOVE」
・初めて脱毛するから、徹底的に生の声を集めたい→初めての脱毛に特化している「脱毛エンジェル」
・定量的な情報から脱毛を検討したい→「クチコミット」
・永久脱毛を検討しているなら→ノウハウが色々載っている「脱毛ジュリー」
・脱毛した色々な人のレスポンスが欲しい→「ガールズちゃんねんる」で自分でトピ立てしちゃおう

【まとめ】脱毛したい人必見!脱毛サロン・医療脱毛クリニックのおすすめ総合ランキング15選

圧倒的なまとまり具合!コラムが充実しているのもおすすめポイントです

その2:エステ〜広告掲載→集客が基本形〜

・まさにポータルサイトの情報充実度→「おすすめサロンナビ.com」
・大手口コミサイトでたくさん比較検討したいなら→「エキテン」
・生の声を知りたい→ブログ形式で個人が情報をまとめている「なるほど!いいね!」

その3:美容院〜ホットペッパービューティー、オズモールなど巨大ポータルサイトが群雄割拠〜

Google検索上では「ホットペッパービューティー」「オズモール」「楽天ビューティー」以外のポータルサイトが逆に見つかりにくいです。

1 2 3