1. まとめトップ

今年もやってきましたF1シーズン(Formula1 2019)全力で応援

2019年のF1もいよいよテストが始まります。去年以上に盛り上がるにはホンダエンジンの向上が不可欠。

更新日: 2019年02月15日

1 お気に入り 1949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ホンダが大好きです。復帰後は思うような結果が出ていないホンダですが昨年からの上り調子を維持して今年は復帰後初優勝なるか?応援していきます。

bluemarlinさん

F1はどうやって観戦する?

地上波のテレビでF1が観れたのははるか昔の話。残念ながら今では有料で契約する必要があります。

プレシーズンテスト

バルセロナ 1回目 2/18(月)〜 2/21(木)
      2回目 2/26(月)〜 3/1(木)

昨年のテストは前半雪の影響で思うようにテストメニューをこなせない状況でしたが今年はどうでしょうか?

シェイクダウンのファーストラップの車載映像ですね。ハミルトンがAmazingと言っているので相当感触がよかったのでしょうか。

The #RB15 makes its track debut! Wrapping up a busy day @SilverstoneUK bit.ly/LaunchingRB15 pic.twitter.com/xiE5yzSdsn

こちらはレッドブルのシェイクダウン映像。かっこいいよくて期待してしまいます。

.@alex_albon’s starting to get the hang of this F1 thing pic.twitter.com/xqaiCOPo0Q

こちらはトロロッソのシェイクダウン映像。いい音してますね。レッドブルとトロロッソと一緒にがんばれホンダ!!

レース

2019年シーズンは全21戦で行われます。

1 3月17日 オーストラリアGP
2 3月31日 バーレーンGP
3 4月14日 中国GP
4 4月28日 アゼルバイジャンGP
5 5月12日 スペインGP
6 5月26日 モナコGP
7 6月 9日 カナダGP
8 6月23日 フランスGP
9 6月30日 オーストリアGP
10 7月14日 イギリスGP
11 7月28日 ドイツGP
12 8月 4日 ハンガリーGP
13 9月 1日 ベルギーGP
14 9月 8日 イタリアGP
15 9月22日 シンガポールGP
16 9月29日 ロシアGP
17 10月13日 日本GP
18 10月27日 メキシコGP
19 11月 3日 アメリカGP
20 11月17日 ブラジルGP
21 12月 1日 アブダビGP

今年の見所

車体の空力に関するレギュレーション変更があり、その影響がチーム間競争を激しくするか?
2018年はトップ3チームとその他チームが二つの選手権を戦っているという風に言われたりもしたが、2019年はルノー他がトップ3に肉薄することができるか。またその他チーム間の熾烈な順位争いが激しかった2018年、あまり力を発揮できなかった下位チームも巻き返しさらに熾烈な争いとなるか。

2017年までのマクラーレンとのパートナーを解消し、2018年はトロロッソと戦ったホンダ、2019年はトロロッソの親チームでトップ3の一角のレッドブルにもエンジンを供給することとなる。復帰後最高位4位を更新し、復帰後初優勝なるか?

変更点としては大まかに言って、フロントウイングを幅広にしシンプルにすること、フロントのブレーキダクト周りを整理すること、リヤウイングを幅広にしDRSの効果をより高めることの3点となるようだ。

2019年のレギュレーション変更に関してリンク先のページで紹介されています。

第1戦 オーストラリアGP 3月17日

エントリー(チーム&ドライバー)

メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ

2018年コンストラクターズポイント 1位

44 ルイス・ハミルトン(2018年ドライバーズポイント1位)
77 バルテリ・ボッタス(5位)

今年もメルセデス優勢のシーズンとなのか?脅かすチームが現れるか!

スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ

2018年コンストラクターズポイント 2位

5 セバスチャン・ベッテル(2位)
16 シャルル・ルクレール(13位※ザウバー)

新車発表 2/15予定

2018年は速かったものの自滅の感があったフェラーリ、今年はメルセデスを追い抜くことができるか?

アストンマーチン・レッドブル・レーシング

2018年コンストラクターズポイント 3位

33 マックス・フェルスタッペン(4位)
10 ピエール・ガスリー(15位※トロロッソ)

搭載エンジンをルノーからホンダへとスイッチしたレッドブル。ルノーエンジン時代以上の結果を残すことができるか?またトロロッソからホンダエンジンとともにきたガスリーがフェルスタッペンとともにどういうレースをするか注目!!

Ice Cold Karters ❄️ @Max33Verstappen and @PierreGasly bringing the blue steel #PushTheBoundaries pic.twitter.com/8cul9cIne7

1枚目 フェルスタッペン 2枚目 ガスリー

このカラーリングは限定のものだそうです。昨年のカラーリングを継続?

1 2