1. まとめトップ

池江璃花子が白血病を告白。いままで白血病を克服したスポーツ選手たち !

池江璃花子選手が白血病を告白。白血病と闘ったスポーツ選手をピックアップ。

更新日: 2019年02月13日

1 お気に入り 1042 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

池江璃花子選手が白血病を告白。白血病と闘ったスポーツ選手をピックアップ。池江選手がんばれ!

T1NTAさん

2月12日池江選手がツイッターにて白血病を告白

池江選手は「私自身、いまだ信じられず、混乱している状況ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」「日本選手権の出場を断念せざるを得ません。治療に専念し、一日でも早く、さらに強くなった姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです」とつづっています。

いままでに白血病を克服したスポーツ選手たち。

白血病(はっけつびょう、Leukemia)は、「血液のがん」ともいわれ、遺伝子変異を起こした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害し、多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液疾患である。白血病細胞が造血の場である骨髄を占拠するために造血が阻害されて正常な血液細胞が減るため感染症や貧血、出血症状などの症状が出やすくなり、あるいは骨髄から血液中にあふれ出た白血病細胞がさまざまな臓器に浸潤(侵入)して障害することもある。治療は抗がん剤を中心とした化学療法と輸血や感染症対策などの支持療法に加え、難治例では骨髄移植や臍帯血移植などの造血幹細胞移植治療も行われる。大きくは急性骨髄性白血病 (AML)、急性リンパ性白血病 (ALL)、慢性骨髄性白血病 (CML)、慢性リンパ性白血病 (CLL) の4つに分けられる。

多くの選手が白血病を克服してきた。

野球

岩下 修一選手

岩下 修一(いわした しゅういち、1973年6月2日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手(投手)。左投左打。2006年のみ登録名を「岩下 修壱」(読みは同じ)とした。現在は北海道日本ハムファイターズの打撃投手。
現役中に難病である白血病を克服したことでも知られている。
2001年7月、急性骨髄性白血病にかかり入院。
2002年、開幕戦で復帰登板。

サッカー

早川 史哉選手

早川 史哉(はやかわ ふみや、1994年1月12日 - )は、新潟県新潟市出身のサッカー選手。ポジションはMF、DF。新潟入団後、2016年2月27日のJ1開幕節・湘南戦に先発フル出場デビューを果たし、開幕戦を含めリーグ戦3試合とヤマザキナビスコカップ1試合に先発フル出場を果たしたが、4月24日のJ1第8節・名古屋戦(早川はベンチ入りのみ)後にリンパ節の腫れを訴えた為に病院で検査を受けた結果、急性白血病と診断されたことにより治療を行っている。
2016年11月に骨髄移植手術を行った。2017年から寛解に向けた治療に専念するため新潟との選手契約を一旦凍結した。段階的な復帰ののち2018年8月にトップチームの練習に合流し11月に契約の凍結を解除した。

ラグビー

クリスチャン・リアリーファノ選手

ピーターレイラーヴォケイショナ、ブランビーズを経て、2016年、サントリーサンゴリアスに加入。しかし同年8月、白血病と診断されて翌年にはサントリーサンゴリアスを退団した。
その後病を克服してアルスターを経て、2018年、豊田自動織機シャトルズに加入。同年9月1日に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節のNECグリーンロケッツ戦にて先発出場で日本での公式戦初出場を果たす。

水泳

過去の白血病に打ち勝って金メダル獲得

マーテン ファンデルバイデン選手

国籍オランダ
専門水泳選手(オープン・ウオーター)
トピック北京五輪オープン・ウオーター男子10キロ金メダリスト
生年月日1981/3/31
経歴2008年世界選手権オープン・ウオーター男子25キロで金メダル、5キロで銅メダル、10キロで4位。同年北京五輪に新種目として採用された同競技10キロで金メダルを獲得。205センチ、92キロ。

テニス

コリーナ・モラリュー

2001年の全豪オープンで、モラリューは女子ダブルス・混合ダブルスの2部門で決勝に進出し、エリス・フェレイラ(南アフリカ)と組んだ混合ダブルスで優勝した。ダベンポートと組んだ女子ダブルス決勝では、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 2-6, 6-4, 4-6 で敗れて準優勝に終わった。
ところが、同年の5月にモラリューはドイツ・ベルリンの大会中に右足を捻挫して倒れてしまう。モラリューは急性骨髄性白血病の診断を下され、化学療法による治療を受けた。生死の境を乗り越えて、2002年8月から現役復帰を果たし、同年の全米オープン1回戦で再び4大大会にも姿を見せたが、第1シードのセリーナ・ウィリアムズに 2-6, 3-6 で完敗した。モラリューは2002年のWTAアワードのカムバック賞を受賞した。

1