1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あらためて知っておきたい「ドナー登録」のこと

皆さん「ドナー登録」という言葉、耳にしたことがあるのではないでしょうか?しかし、なぜドナー登録が必要なのか、ドナー登録するにはどうすればいいのか、など、詳しいことについて知っている人は少ないもの。あらためてドナー登録について、知っておきませんか?

更新日: 2019年02月14日

18 お気に入り 37443 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■白血病を公表した水泳女子の池江璃花子選手

競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が12日、白血病であることを自身のツイッターで公表

「未だに信じられず、混乱している状況」と胸の内を明かしながら、「しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」と説明した

先月からオーストラリアで強化合宿をしていましたが体調の不良を訴えて予定を早めて帰国し、現在は病院に入院しているという

■感謝とともに、病に立ち向かっていくことを決意表明

■そんな中、池江選手の報道を受けて骨髄バンクに問い合わせが増加している

ドナー登録はお近くの献血ルーム等へ!申込書の記入と2mlの採血だけでOKです。jmdp-donor-special.jp/flow01/ 競泳の池江選手に関しての報道があり、たくさんのお問い合わせをいただいています。まだまだドナーは足りていません。皆様のお力添えをお待ちしております。 #骨髄バンク #ドナー登録

公益社団法人日本骨髄バンクは、池江選手が白血病を公表したことを受け、骨髄バンクに関するたくさんの問い合わせを受けていると、ツイッターを通して報告

電話による問い合わせは通常1日2、3件程度だが、12日は夕方以降のわずか数時間の間に「何かできることはないか」などと十数件寄せられたという

■白血病の有効な治療法とされる「骨髄移植」による治療

白血病などの血液の病気を治すには、骨髄移植や末梢血幹細胞移植などが有効

骨髄移植はドナーに全身麻酔をして、腸骨という骨盤の一部に専用の針をさして、注射器で骨髄液を吸引し、採取した骨髄液を患者の静脈へ点滴で注入する治療法です

正常な血液が作られなくなった患者さんに、健康な方の造血幹細胞を輸注することにより、造血機能を回復させる

■しかし、骨髄移植を受けられずにその時を待っている患者も多い

現在、骨髄バンクのドナー登録者数は、全国で45万人を超えました

日本では毎年新たに1万人以上の方が、白血病などの血液疾患を発症しているといわれています。そのうち骨髄等移植を必要としている患者さんは、年間2,000人以上おられます

骨髄移植を希望する全ての患者の方に移植治療が行われるまでには至っておらず、昨年度は移植治療の機会に恵まれた患者の方は全体の約6割にとどまります

■骨髄移植を行うには白血球の型が「適合」している必要がある

骨髄移植を行う場合、ドナーと移植対象患者との間で、白血球の血液型であるHLAが適合しなければならない

適合するドナーが見つかる確率は兄弟姉妹の間でも4分の1、血の繋がっていない他人になると数百~数万分の1です

■皆さんも「ドナー登録」について、今一度考えてみませんか?

1 2