1. まとめトップ

他人を思いやることができる…心遣いできる人の特徴

相手に思いやる気持ちで言葉を掛けたり、相手のために行動を起こしたりするのが心遣いができる人たちです。相手の行動を考えたうえでするその心遣いある行動は、優しさがあり配慮ができる性格があってこそです。また人のためにいう意識が強いのも彼らの特徴です。

更新日: 2019年02月14日

4 お気に入り 1797 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・他人を思いやることが出来る

心遣いできる人の特徴は他人を思いやることが出来る人です。

心遣いとはそもそも他人を思い遣る気持ちから来ています。

ですが気遣いは実は時と場合によっても求められるモノは違ってきますし、さらに相手によってもいろいろな形に変化すると言えます。

なので心の機微に敏感で尚且つ空気が読める人でないと心遣いを上手にすることは出来ません。

またいい人をアピールしたいといった自分中心の考え方では相手の求める気遣いにはなりません。

誰かの為にと他者を思いやる心こそが重要だと言えます。

あと心遣いは自己満足で終わらないように注意が必要です。

相手の為に良かれと思って行った行動でも周囲からみるとおせっかいに該当することは少なくありません。

つまり誰かの為の行動でも相手がその行為を望んでいない場合はありがた迷惑でしかないのです。

だから相手の立場で考えることが出来るか、相手の状況をきちんと把握しているか、その行為に対して相手はどんな気持ちになるかをしっかりと考慮した上で行動を選ばなくてはなりません。

それをさりげなくすることが出来る人こそが気遣いの出来る人です。

・相手を思いやる行動力

心遣いが出来る人は、相手を思いやる心の持ち主です。仕事中の仲間にそっとコーヒーを差し出したり、ちょっとした差し入れをしたり。心が温まるような行動を起こせるのが、心遣いの出来る人です。

・相手の行動を考えたうえでの仕事をする

仕事ひとつにしても、相手の行動やスケジュールを頭の中で考えたうえで手が空いていそうなタイミングで電話やメールをするなど。ほんの些細な心遣いで物事を円滑に進めることが出来ます。これも、心遣いが出来る人ならではの行動です。

・見返りを求めない

心遣いが出来る人は、相手に見返りを求めません。思いやりの気持ちで他人と接して行動を起こしているからこそ、見返りは求めないのです。

・段取りが上手

心遣いできる人の特徴は段取りが上手な人と言えます。

人より1歩先、半歩先のことを考えて行動に移すことが出来る人というのは段取り上手でないと出来ません。

心遣いは何も仕事の時だけではなくプライベートでも発揮されるもので家族や友達とのイベント、日常の中でも段取りよく進むと物事はスムーズにいきます。

そして段取りの良さは心地良さに繋がり心遣いできる人は人気があります。

またデジタルとアナログを上手に使い分けることが出来る人でもあります。

勿論仕事でもプライベートでも現代社会においてはインターネットは必要不可欠ですし、非常に便利なツールです。

それを上手に活用しながら、気遣い出来る人は要所要所でアナログも上手に使いこなすことが出来るのです。

例えば同じ言葉を伝えるにしてもLINEで伝えるより手紙で伝えた方が心が届く場合があります。

デジタルに精通していて相手の気持ちに寄り添う時にあえてアナログなツールを使用すると逆に新鮮な気持ちになります。

忙しい毎日だからこそアナログにはアナログの良さがあり、使い分けることが気遣いに繋がります。

・優しい

優しい人は、根が優しいため、「心遣い」にも長けていることが多いです。

優しいということは、人に対して気遣いができたり、心配りができるということです。常に人のことを考え、人思いな行動をしている人は、優しい心遣いができる人の特徴と言えるでしょう。

・配慮ができる

心遣いができる人の特徴として、「配慮ができる」という特徴もあります。心遣いは、人や状況をよく見ていないとできません。周囲に気を配れる、気が利く人は、心遣いができる人も多いです。

また、人が何を求めているのか、状況で何が足りないのかなどを瞬時に気がつける人も、配慮ができ、心遣いができる人の特徴と言えるでしょう。

・常に一歩先を考えている

心遣いができる人は、周囲の人たちよりも常に一歩先の行動を考えているという特徴があります。常に先の行動を読んでおくことで、自然と心遣いができるようになります。常に相手の行動を先読みして、適切な配慮ができることは、心遣いができる人の特徴の1つと言えるでしょう。

・「人のため」という意識が強い

心遣いができる人は、「人のため」という意識が強いことも特徴です。「人の役に立ちたい」「人が喜ぶことをしたい」と常日頃思っている人は、自然と心遣いができるようになります。

1 2