1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

iemadoriさん

社会福祉士とは

福祉系では、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士と並ぶ、名称独占資格の国家資格である(場合によっては、名称に福祉士が入る三資格を、福祉系三大国家資格(通称:三福祉士)と呼ぶこともある)

社会福祉士及び介護福祉士法を用い、医療・福祉・教育・行政機関等にて日常生活を営むのに問題がある人からの相談に対して助言や指導、援助を行なう専門職である

社会福祉士の難易度、合格率は?

介護福祉士との難易度の違い介護福祉士の合格率は60%から70%で、出題範囲も主に介護関連の内容に限られています。 社会福祉士の方が福祉関係全般と出題範囲は広いため、勉強する大変さでいえば資格取得の難しいはあるかもしれません。

年度によって差がある難易度

社会福祉士試験は、毎年3~4人に1人は合格者を出している国家試験です。2018年2月に実施された第30回では30.2%の合格率でしたが、その前2回は25%台の合格率が続いています。

引っ掛け問題が少なかった第30回

第29回の試験に比べると、第30回の社会福祉士試験では合格率が5%近くも上がっています。かなり大きな差ですが、これは引っ掛け問題が少なかったためではないかとみる説もあります。

資格試験にはつきものの引っ掛け問題がなければ、基本に忠実に勉強していれば合格しやすいということです。ただし、今後も同じような出題傾向になるとは限りません。

出題範囲が広い試験

社会福祉士試験は、介護福祉士や精神保健福祉士の試験に比べると合格率がはるかに低いのが目立っています。その理由として考えられるのは、出題範囲が広いことです。

社会福祉士試験の記述では、18科目におよぶ範囲で出題されます。他の2つの資格試験に比べて断トツです。すべての科目において得点しなければならず、150問中60%以上得点することも合格の条件です。

社会福祉士は他の資格と比べると難しい?

社会福祉士の国家試験は他の福祉系資格と比べて、出題範囲が広いのが特徴です。また、仕事をしながら、子育てをしながら、受験勉強に励まれている方も多くいらっしゃいます。

◎精神保健福祉士との難易度の違い

精神保健福祉士の合格率は60%程度と社会福祉士(30.2%)よりも高くなっています。出題範囲も、精神保健福祉士は『精神医学、精神保健学』など精神保健福祉に特化していて社会福祉士よりも狭くなっています。以上より、精神保健福祉士の方が、試験対策をしやすい、合格しやすい感じるかもしれませんね。

◎介護福祉士との難易度の違い

介護福祉士の合格率は60%から70%で、出題範囲も主に介護関連の内容に限られています。社会福祉士の方が福祉関係全般と出題範囲は広いため、勉強する大変さでいえば資格取得の難しいはあるかもしれません。

◎ケアマネジャーとの難易度の違い

合格率はケアマネジャーが20%程度、社会福祉士が25%です。試験時間を比較すると、ケアマネジャーが120分に対して社会福祉士では240分です。合格率で比べた場合には、社会福祉士の方が取得しやすいかもしれません。ただし、試験時間では社会福祉士の方が長丁場であり、受験する難しさを感じるかもしれませんね。

1 2 3