すごい…いまJKにバカ売れな「女性誌」があるらしい

ここ数年で有名ファッション誌が次々と休刊・廃刊になりました…そのなかでバカ売れしているのが、宝島社が出版する「mini」。しかも、雑誌離れが進んでいるといわれる「SNS世代」に人気が高いんだとか。宝島社といえば豪華付録で有名ですが、どうやら人気の理由はそれだけではないようで…

更新日: 2019年02月21日

27 お気に入り 106853 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

雑誌が売れないといわれる時代

SNS世代の読者を新規開拓して好調な成績を残しているのが、宝島社の女性ファッション誌『mini』

2018年はじめにも2号連続で完売しており、2018年10月号で3度目の完売

「日本ABC協会」の調査で、女性ヤング誌部門において4期連続で実売数1位に。

それが何でいまこんなに人気になっているかというと…

スマホにないインパクトさがウケてる

SNSでは見れない、清純派の女優の珍しいショット。「表紙買い」されることも。

ストリートファッションのイメージのない女優たちにあえて『mini』流ストリートファッションを着こなしてもらうことで世界観を伝え、読者層をさらに広げています

SNSで人気アイテムはわかってるんだけど、実際の着こなしに悩む…って人が多いんだとか。

「ストリートスナップはしない」「商品を並べただけにしない」など編集ルールを設定。流行ファッションを方程式にして教科書のようにわかりやすく紹介

「◯◯と▲▲を合わせたらオシャレ!」と汎用性のあるコーデ特集が人気。

今年もあと1か月❗そして本日mini1月号発売です✨(一部地域の方はもう少しお待ちください) 愛ちゃんのover30着まわし(モチロン10~20代が着ても可愛いよ)や、6つ持っときゃ着まわせるぜ!の企画など、スーパー着まわし大特集です 今月号もどうぞご贔屓に❤ #FANTASTICS も初登場ですよー pic.twitter.com/SbKC2AH7nv

スマホ画面では味わえない、大きな写真と見やすいレイアウト。

SNS世代の「新しい動き」にも敏感

「音楽発ストリートファッション」の動きをいち早く誌面で取り上げ、今まで雑誌を読んでこなかった世代に届くような誌面作りができている

K-POPや韓国ファッション、ストリートが好きで、E-girlsに憧れてカラフルな髪色にして、ばっちりメイクをして派手なファッションを楽しんでいるのが新しい動き

メイクもしっかりするのが今っぽいストリートファッション。

ファッション誌ですが「コスメ」の文字が目立つ…!年々メイクが濃くなってるみたい。

さらに「ヲタ活」で新規読者を獲得!

ストリート誌としてはいち早くK-POPを取り上げ、BLACKPINKを表紙にした号は完売。

miniのファンタめっちゃいい♥ GENEのときも思ったけどminiってわちゃわちゃな写真載せてくれるからほんとに買う価値ある

mini編集長も韓流好きで、コアな情報が盛り込まれてるそう。

豪華付録の見せ方もスゴいんです

付録に力を入れている女性誌が増えてきてますが、miniは豪華なのはもちろん、目立たせ方も魅力的。

付録の使用写真が表紙にいくつもあって、わかりやすい♪

「スヌーピーの存在感と、永野芽郁ちゃんのすわりのよさで、売れるという確信を持って表紙を作りました」

さらに…

「mini」では翌月号の付録の特集を前号で組む工夫で読者の関心をひきつけている。SNSでも表紙撮影時のオフショットを公開し人気を得ている

ミッキーバッグの使い方 pic.twitter.com/ND2wDbIGJV

付録の使い方も画像や動画で、投稿されてる。これは欲しくなる~!

1