ワクチンを打たないで自然に感染した場合、重症化・後遺症・死亡する可能性があります。
また、ワクチンで防げるはずの病気になった場合、本人のみなず他人に感染を広げるおそれがあります。
体質によりワクチンを打っても抗体がつかない人や子供妊婦お年寄りなどの免疫が落ちている人たちにとっては生死にかかわる事態になります。
人口の95%の人がワクチンを打って免疫を獲得していると、その病気の流行を防ぐことが出来るといわれています。
最近日本ではしかがたびたび流行しているのはワクチンの接種率が低いからです。
人口比で考えると日本はアメリカよりもはしかが流行っているんですよ。
日本やばい。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る