1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

飲むのはもう古い!今「吸うエナジードリンク」がトレンドらしい

カフェインなどを含み眠気覚ましなどに用いるエナジードリンクですが、今は「吸うエナジードリンク」が流行しているようです。

更新日: 2019年02月15日

88 お気に入り 75875 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■エナジードリンク

近年、若者を中心に人気が広がる「エナジードリンク」。10代の子どもが自動販売機やコンビニで買える清涼飲料水

他の清涼飲料水に比べてカフェインの含有量が多く、強炭酸ののどごし、強い甘さなどが、共通した特徴

疲れた体にシャキッ!とするあの爽快感は、もはやこの世から無くなったら生きていけないんじゃないかというぐらい

■このエナジードリンクがタバコみたいに「吸うタイプ」に変貌を遂げていた

吸うエナジードリンク、その名も「イーグルエナジー」(税抜1580円)。内蔵バッテリーが加熱し液体を気化、水蒸気を吸引する

「飲む」のでは無く、「吸う」新感覚のエナジードリンクです。カナダの企業が開発し、現在世界中で利用者が拡大!売上総数は1億本を突破

パイプのキャップを外して吸引すると、先端のLED ランプが点灯し同時に内部ヒーターにより配合成分の蒸気が発生し吸引できます。

■水蒸気内にカフェインなどの有効成分が含まれている

本体をタバコのように吸うと、カートリッジ内の液体が加熱され、水蒸気化された成分を摂取

成分はガラナエキス(カフェイン)、高麗人参など植物から抽出した天然成分のみを使用しており、糖類やカロリーおよび、ニコチンや有害物質は一切含まれていない

味はエナジードリンク風味だ。吸引量によって異なるが、おおむね10~20回の吸引でコーヒーまたはエナジードリンク1本と同等の効果が得られる

■肺から成分を吸収。より早く効果が出るという

イーグルエナジー・ジャパンの担当者によると、「粘膜や肺からカフェインを吸収でき、より早く効果が発揮される」とのこと

エナジードリンクよりも効果的かつ素早くカフェインを吸収し、なおかつカフェインも砂糖もその他のカロリーもカットされた技術

スポーツやトレーニングなどの身体を動かす前、長時間の運転をする時など、あなたがエナジーを必要としている様々なシーンでEagle Enetgy は活躍

■コスパ的にも良好みたい

効果については、10~20回の吸引でコーヒー1杯またはエナジードリンク1本と同等と説明されています。本体1本で吸引できる回数は約400回

EAGLE ENERGYは1本あたり400回の吸引が可能なので、エナドリ40~20本分が1580円で済むと考えるとかなりコスパの良いアイテム

■実際に使った方の感想

エナジースティック届いたー! イーグルエナジーに比べて甘いガラナのフレーバーはあんまり感じ無くなって、代わりにハッカ?みたいな味が強くなりましたね

コーヒーは苦くて飲めないし、エナジードリンクの類も甘いから好きじゃない僕にとってエナジースティックはほんとにいい買い物だったんね。肺があんま強くないから咳が出る時あるけど。

カフェインを吸入できるEAGLE ENERGY買ってみた ちゃんと煙るし電子タバコみたい ガツンと眠気が覚めるね #eagle_energy #caffeine #カフェイン instagram.com/p/BK8GEbbgDE2/

1 2