1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

今年もそろそろお花見シーズンがやってきますね♪桜を観に京都に行かれる方も多いのでは?とは言っても、メジャーな場所は行きつくしてしまった…という方も多いハズ。今回は京都出身の私が行ってよかった!と思う”穴場”の桜スポットをご紹介します。

la_stellaさん

<その1>常照皇寺(じょうしょうこうじ)

南北朝時代の北朝初代天皇である光厳天皇の隠居所として建立されました。
京都市北部の山深い場所にあります。

九重桜」「左近桜」「御車返し」の名で知られる桜は、庭いっぱいに花を咲かせます。

京都市内でも、かなり北の方に位置しているので、桜の開花は遅いです。

国の天然記念物である「九重桜」をはじめ、御所から枝分けされたと言われる「左近の桜」など名木が揃っています。例年4月中旬ごろが見頃。

京都駅から常照皇寺へは、西日本JRバスときょうと京北ふるさと公社バス(山国御陵前バス停下車)で行けます。

京都駅から常照皇寺へは車で1時間半以上。アクセスはあまりよろしくありません…
でもその分、中心地と比べれば人も少ないオススメの穴場スポットです!

【場所】京都府京都市右京区京北井戸町字丸山14-6
【拝観時間】9:00~16:00
【拝観料】300~500円(志納制)

常照皇寺は、秋の紅葉も素晴らしいですよ!
紅葉の見ごろは例年11月の上旬です。

<その2>原谷苑(はらだにえん)

個人所有の庭園。4000坪の敷地に400本以上の桜が植えられおり、桜や紅葉のシーズン中のみ一般公開されます。
見頃は4月上旬 ~4月下旬。

“死ぬまでに一度は見たい桜”と言われる桜の名所。

青色の空のキャンパスに一面が桜・桜・桜。そして桜のシャワーをかき分けて進む、桜が空から降ってくるそんな体験ができます。

混雑を避けるため、朝の9時前には到着できるようにしましょう。
最寄駅からは少し距離があるので、金閣寺付近から出ているシャトルバス(無料)やタクシーを利用するといいですね。

【場所】京都市北区大北山原谷乾町
【拝観時間】9:00~17:00
【拝観料】大人1500円、小人500円

<その3>退蔵院(たいぞういん)

このポスターに見覚えはありませんか?
京都市右京区にある妙心寺は日本最大級の禅寺。
広大な山内には46もの塔頭寺院が点在しています。

その中でも屈指の古刹である退蔵院は、紅しだれ桜の名所として知られています。見頃は4月上旬。

退蔵院の紅しだれ桜は樹齢約60年。京都の桜名所・平安神宮の孫桜にあたります

枯山水庭園(陽の庭・陰の庭)に降り注ぐ、紅しだれ桜のシャワーは必見です!

精進料理をいただきながら桜を楽しめるお食事つきの特別拝観プランなども用意されています。
混雑を気にせず、ゆっくりお花見を楽しめていいですよね。
京都駅からのアクセスは電車(JR)がオススメ。バスやタクシーも利用できますが、かなり時間がかかります。

【場所】京都市右京区花園妙心寺町35
【拝観時間】9:00~17:00
【拝観料】大人600円(高校生含む)、小中学生300円

1