1. まとめトップ

不妊治療に重大な落とし穴か…オランダで精子すり替えで不妊治療医の子200人が生まれる事態が起きた!!

不妊治療は、子供を望む家庭の最後の切り札といっても過言ではありません。しかしそんな子を望む家庭に最悪のニュースが飛び込んできました。なんとオランダで精子をすり替えて、自分の子供を200人つくるという疑惑が起きています。不妊治療を選ぶ際には注意しないといけませんね。

更新日: 2019年02月16日

1 お気に入り 2150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

不妊治療は、子供が欲しい家族の希望だ

晩婚化などの影響で妊娠・出産を希望する年齢が高くなり、不妊の検査・治療を受ける人が増えています。

健康な男女が避妊をせず性生活を続け、一定期間を過ぎても妊娠しない場合を「不妊症」と言います。

背景には結婚年齢が上がり、子どもを望む年齢が高齢化していることに加えて、不妊治療が普及して検査や治療に対するハードルが低くなったことも影響していると考えられます。

不妊治療といっても過言ではない…そして人工授精で…

妊娠できる確率は1回平均20~30%ほどですが、グラフからもわかるように年齢により大きく変わります。

30 歳で不妊治療して赤ちゃんを授かる確率は19.9%、35歳で16.3%、40歳で7.7%、45歳では急激に減って0.6%です。

また、晩婚化などによる「社会的な不妊」に対しては社会全体が取り組む必要があります。

まさに不妊治療は子供を望む家庭の最後の希望でです。

しかしオランダで、その希望を踏みにじる事態が起きた

オランダの不妊治療医をめぐり、ドナーの精子と自分の精子をすり替えて最大200人の子どもを誕生させた疑いが浮上している。

裁判所は13日、原告22人の訴えを認め、医師のDNA鑑定を実施するよう命じた。

オランダで放映されたドキュメンタリー番組によると、
カールバート氏は最大200人の父親になった可能性もある。

カールバート氏の息子のDNAについては既に、
治療で生まれた47人と生物学的な関係が
あることが分かっている。

不妊治療で気を付けないといけないことは何か?

そして、クリニック選びをしっかりとしましょう。

特に、喫煙はダイオキシンなどの環境ホルモンを体内に多量に取り入れているのと同じですので、禁煙してください。

日ごろ血流を良くする軽い運動や食事に気を使うことで、妊娠しやすい体を作れます。

なるべく情報公開は必要だ。でないとトラブルが続出する。

カールバート氏をめぐっては17年の裁判でも同様の申し立てが認められ、DNA回収も済んでいる。

ただ、当時の判事は証拠不十分と判断し、原告はこれまで金庫内のDNAを入手することができなかった。

カールバート氏は病院やロッテルダムのクリニックでの勤務を経て、同市で自身のクリニックを開業。09年に閉院した際、ドナーの精子の扱いや管理体制をめぐる不正が発覚していた。

信頼できるクリニックを選ぶ必要がありますね。

様々な声が

不妊治療医の精子で200人誕生か、裁判所がDNA鑑定命令 オランダ news.livedoor.com/article/detail… オランダの不妊治療医をめぐり、ドナーの精子と自分の精子をすり替えて 最大200人の子どもを誕生させた疑いが浮上している。 すげえのが出てきたな

不妊治療医の精子で200人誕生か、裁判所がDNA鑑定命令 オランダ #ldnews news.livedoor.com/article/detail… 事実だとしたら、これは新たな性癖か何かなのか… 法的にはレイプの一種として扱われそう…?

1 2