1. まとめトップ

【PS】登山ゲーム「蒼天の白き神の座 GREAT PEAK」を紹介

登山ゲーム「蒼天の白き神の座 GREAT PEAK」を紹介、神ゲー、隠れた名作、k2、アンナプルナ、登山家死亡、雪崩 滑落 富士山 Twitter SNS Instagram 話題 おすすめ プレミア プレイステーション sony

更新日: 2020年09月13日

2 お気に入り 4997 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

暇人3さん

蒼天の白き神の座 GREAT PEAK

概要

蒼天の白き神の座とは、高峰登山を題材にしたプレイステーション用シミュレーションゲームである。1998年7月16日にソニー・コンピュータエンタテインメントから発売された。

プレイヤーは登山隊の隊長となり、隊員を率いて未踏峰への登頂を目指すゲームである。
隊長自身は安全な場所から動けないが、隊員たちは厳しい環境の中で命の危険にさらされる。
それを綿密な計画と的確な指示で損害を回避し、隊員たちを山の頂へ導かなければならない。

ストーリー

世界最高峰のK-0を擁するカムコルス山脈。しかしその山脈を囲むように位置する山岳国家ウルムンド共和国は、長年鎖国政策をとり、その門戸を閉ざしていた。しかし、世界中のアルピニストの働きかけにより、72年ぶりに鎖国政策を解消。プレイヤーである登山家も登山隊を組織し、カムコルス山脈を目指す。

蒼天の白き神の座……こんなゲームがあつたとは知らなんだ。

蒼天の白き神の座は、明らかに無理な足の角度とか見てゲラゲラ笑ってたな。

PSで発売された、未踏峰の制覇を目指す登山隊シミュレーションゲームのタイトルは?→蒼天の白き神の座

カムコルス山脈

ゲームの舞台となる架空の山脈。架空の国家「ウルムンド共和国」領内にある。世界最高峰のK-0をはじめ、多数の未踏峰を持つ。

ウルムンド共和国が長年にわたり鎖国政策を執っていた為、足を踏み入れることすらできなかった。しかし世界中のアルピニストの働きかけを受け、鎖国政策を解消。プレイヤー率いる登山隊も、カムコルス山脈を目指すことができるようになった…と言うのがゲームのストーリーの大まかな流れである。

山自体は架空ですが、いずれもモチーフになった山があります。

マヌーツェ(7,128m) ローツェ(8,516m)をモチーフ

架空山 マヌーツェの概要

サブピーク(副峰)としてリーツェ峰(6,453m)を従えており、双子の山とも呼ばれる。
最初はリーツェを目指せというアドバイスを受けることがあるが、リーツェ峰経由で主峰を目指すと稜線上の強風が厳しすぎる。

ダウラチェンリ(7,636m) - ダウラギリ(8,167m)をモチーフ

架空山 ダウラギリの概要

大鷲の爪跡というクーロワール(溝状の地形)が特徴。
2番目に低い山であるが、それでも富士山の2倍の標高がある。
慣れてきたら新人育成用のステージとしても活躍する。

カンガプルナ(8,021m)- 最初の8,000m峰。アンナプルナ(8,091m)

架空山 カンガプルナの概要

白いサソリと呼ばれる雪田地帯があり、そこは雪崩の頻発地域となっている。
迂闊に足を踏み入れるとベテランですら一撃死する可能性がある。おかしな考えは捨てよう。
8,000m級の山では一番低いが、普通にプレイしているとここで詰まることも多い。

シシャカンリ(8,482m)- 最後の8,000m峰。シシャパンマ(8,027m)をモチーフ

架空山 シシャカンリの概要

北東から南西に伸びるついたてのような平べったい形状をしており、長い稜線上に二つのサブピークを従えている。
また、カムコルス三大壁のうち二つがここにある。
これらの地形のため、壁の連続する直登ルートと強風の吹き荒れる稜線ルートの二択になりがちで、それがこの山の難易度を大きく押し上げている。

1 2