1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

睡眠改善の決め手は「ベッドを揺する事」だって…驚くべき研究結果が話題になっている!!

人生の3分の1が布団やベッドで寝るわけですから、当然安眠は重要な課題です。そこで大切になってくるのが、睡眠改善なわけですが、特に最近重要とされるとわかったのが「ベッドを揺らす」事だったのです。確かに赤ちゃんやウトウト寝るのは気持ちいいわけで、理に適っているかもしれませんね。

更新日: 2019年02月17日

22 お気に入り 45412 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

皆さんはちゃんと眠れていますか?

睡眠が重要とわかっていても、ついつい寝る間を惜しんで活動してしまっているのではないでしょうか?頑張っているつもりでも身体に逆効果になってしまってはもったいないですね。

睡眠時間をとっているつもりなのに、熟睡したと感じられなかったり、身体の疲れがとれないと感じたりしたことはありませんか?

そんな時は、睡眠の質が悪く、きちんと熟睡できていない状態かもしれません。

食べ物が消化されるまでには3時間ほどかかるので、夕食は眠る3時間前までに済ませましょう。また、食事のメニューにも気を付けることが大切です。

他にもいろいろなコツがあります。そして、寝る方法にもコツがあるのです。

なんと睡眠改善にはコツがあった!!

しかし今回の調査結果は、体を揺らすことが大人にも同様に睡眠改善効果をもたらすかもしれないことを示している。

また記憶のテストでは、実験室で就寝する前に46組のフランス語の単語ペアを見せられ、睡眠の前後にどれほど覚えられたかを測定した。

結被験者は就寝時に揺すられた場合、寝付きが早く眠りが深かったのに加え、就寝時間は長く、1晩の間に目が覚める回数も少なかった。

被験者らは、実験室で睡眠を取った夜の前後に注意力と記憶のテストを受けた。注意力テストは、コンピューターの画面中心に次々と現れる十字記号に対しキーを押す反応の速さを測るものだ。

またフランス語の記憶テストでは、揺りかごベッドに寝た時の方がより多くの単語ペアを覚えていた。研究チームはまた、被験者の脳波にも関連の変化があることを発見した。

動物実験でも一部の効果が実証された

さらに同研究チームは、マウスを対象に同様の実験を実施しており、こちらもカレント・バイオロジー誌に発表した。

同研究では、カゴを揺らすことでマウスが睡眠を始めるまでの時間が早まり、長時間眠る可能性が指摘されたが、人間に見られたような睡眠の質の改善効果は確認されなかった。

こうした効果をもたらしているのは、バランスを感知・維持している内耳の前庭器官かもしれない。実際マウスを使用した実験では、前庭器官を持たないマウスの間ではカゴを揺らすことの睡眠効果が確認されなかった。

見た目が変わるだけでなく、揺れる機能が当たり前になる!?

外の音を遮断し、温度調整やLED によるライティングや音楽などをアプリでコントロール。

外の音を遮断するベッドも大切な存在ですね。

80ワットのアンプ内蔵で4つの高性能スピーカーからスマホやタブレットで好きな音楽を流すことができ、サブウーファーの心地良い振動が体を突き抜けます。

実際に揺れる未来を意識したベッドは販売されているようです。

こうしたすべての動作をアプリでコントロールできるのです。

アプリ機能が追加されれば百人力!!

様々な声があがっている

1 2