1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼「リング」シリーズの最新作が5月に公開される

撮ったら呪われる。 『リング』シリーズ最新作『貞子』はYouTuberが犠牲者に? 不気味なティザービジュアル解禁 - horror2.jp/28133 pic.twitter.com/zqNvlmYARX

女優の池田エライザが主演を務める、映画『リング』シリーズの最新作『貞子』より、ティザービジュアルが解禁。併せて、塚本高史、清水尋也、桐山漣、ともさかりえが出演することが発表。

病院で心理カウンセラーとして働く茉優は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始める…。

一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介の薦めでYouTuberとなった茉優の弟・和真は、再生回数の獲得に焦るあまり心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込む…。

▼「リング」シリーズと言えば日本を代表するホラー映画である

90年代後半に巻き起こった“Jホラー”ブームの火付け役となり、その後日本を飛び出しハリウッドリメイクされるなど、20年間にわたりホラー映画界を牽引してきた「リング」シリーズ。

長い黒髪に白いワンピース姿で、井戸やテレビから這い出る貞子のキャラクター像は、「日本で最も有名な怨霊」として全世代で圧倒的な認知を誇る存在へと成長。

ビデオテープを介して呪いが拡散されるという衝撃的な設定により大ヒットを記録し、Jホラーブームの火付け役となった。

▼が、しかしその後のスピンオフで

鈴木光司書き下ろし『エス』を原作とし、『リング』シリーズ完結後の約12年後に製作された。『リング』『らせん』『リング2』『リング0 バースデイ』に続く映画シリーズ。

前映画シリーズはシリアス路線だったのに対し、本作ではコメディ要素も多数含まれており、終盤に登場する異形の貞子群に主人公が鉄パイプで立ち向かうなど、アクション性も強調されている。

レンタルして貞子3Dを観たった。前評判通り、本当に今世紀最悪の駄作だった…(。´-д-) 酷すぎて一周回って笑ってしまったw 元の「リング」や「らせん」が本当に素晴らしい作品だったのに、なんでココまで駄作にしちゃうのか残念でならない。 pic.twitter.com/9r2hy2r4nQ

自分は映画とかほっっっとんど観ないんだけどその中でも貞子3Dだけは本当に酷ぇなって思った ヒロインがクリーチャーと普通に戦ってて笑ってしまったよ

貞子3D見てみたんやけど貞子要素は髪の長さと井戸だけやったな… 何か洋画っぽくなっとるし。 さすがに四足歩行の貞子と主人公が貞子倒していくのには笑った!

遂には・・・

『リング』シリーズの山村貞子と『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子というジャパニーズ・ホラーを代表する2大キャラクターが共演したクロスオーバー作品。

「呪怨 - ザ・ファイナル -」の製作中、スタッフが「呪怨シリーズを終わらせるのは悲しい。次回作を作るとしたらどうするか。」と言い出したことから企画が始まり、「リングシリーズ」を配給するKADOKAWAの快諾により製作が決定。

『貞子vs伽耶子』観終わったけど、エンディングがまさかの聖飢魔IIでめっちゃ笑った。

1 2