1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

結婚の形もここまで来ちゃったか…「自分婚」という形が話題になっている!!

結婚も様々な形があります。同性婚は世界ではざらにありますし、人間以外でも結婚するなんてニュースは結構あるものです。しかし最近は自分と結婚するという「自分婚」が流行っているようで、人気セクシー女優がして話題になっています。既婚者でもできるというのがすごいところですよね~。

更新日: 2019年02月18日

22 お気に入り 90153 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「同性婚」や「物婚」等結婚には様々なものが存在する

ヨーロッパではイギリス、フランス、オランダ、スペイン、デンマーク、ノルウェーなどで同性婚が認められています。

国や地域によって理解度や法整備の差はありますが、世界全体の動きとして同性婚を認める国は増加傾向にあります。

日本も時間の問題かもしれません。

2015年4月に東京の渋谷区と世田谷区が同性パートナーシップ証明の発行を始め、世間の耳目を集めた。さらに2016年4月に三重県伊賀市、6月に兵庫県宝塚市、7月に沖縄県那覇市がこれに続いた。

そんな
初音ミクと
なんと、
今年の11月に前代未聞の、
現実世界の35歳の一般男性が結婚するらしい。

その男性は、
「本気で愛しているから」
ともう式場まで、おさえたらしい。

その究極の形が「自分婚」だ!!

ここ数年、自分自身と結婚式を挙げる「自分婚」が静かなトレンドになっているんだそう。

「自分を幸せにすること」を誓うことで何かを決意し、気持ちに区切りをつける女性たち。

、自分婚は年齢や性別に関係なく、誰でもできる。私も独身ではなかったが(今も独身ではない)、既婚者にも自分婚を挙げる「資格」はある。

お騒がせしてすみません、結婚は結婚でも『自分婚』でした。法律上、独身です...(つまり独身です)。 アベプラの見逃し配信も是非ご覧くださいませ!→ abema.tv/channels/abema…

自分婚を挙げたからといって、誰かと結婚しないというわけではない。また、既婚者が自分婚式をしてもいいのだという。

その内容と目的は?

相手がいてもいなくてもいいじゃない。
ウェディングドレス姿で写真を撮れるときに撮っておかないと、いつ撮れるの?っと思って自分婚をするスタイル。

「そこには姑の小言もないし、旦那の泣き言もない。見苦しい離婚もなければ、わずらわしい家族問題もない。最高に幸せよ!」と自身の選択に満足そうだ。

ある意味夢のようです。

何がきっかけで自分婚するかは、人それぞれ。ただし、決してナルシストではなく、自分の心の中に「区切り」をつけて日々楽しく過ごしたい、自己肯定したい女性が増えているということか。

様々な声が

1 2