1. まとめトップ
  2. 雑学

瀬戸内寂聴が生まれた時はオスマン帝国がまだあった!?「時代の認識」が変わりそうな話題まとめ

江戸時代には誰もがちょんまげ頭で、明治維新でハイカラになって・・・と、私たちはついなんとなく、時代のイメージについて固定観念を持ってしまいがち。そんなイメージを覆しそうな、知ればビックリの情報をまとめた

更新日: 2019年02月18日

4 お気に入り 3815 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

古い時代のはずのことでもなんだか最近に感じられてしまいそう?そんな話題を集めてみました

gudachanさん

初代STAR WARSの公開時、フランスはまだギロチン処刑をしていた

映画「STAR WARS」の代一作が公開されたのは1977年5月(アメリカ)だが、フランスで最後のギロチンを用いた死刑執行があったのは同年9月のことだった。ちなみに正式に死刑制度が廃止されたのはさらに後の1981年のことだ

アメリカの場合、公開処刑が最後に行われたのは1936年である。上の写真はそうした最後期に実施された処刑の中の1つの様子だ。
 日本では江戸時代以前、身分が高い者の切腹などをのぞき、公開処刑が行われたが、明治時代になってから廃止された。

一方、フランスで最後にギロチンによる公開処刑が実施されたのは1939年のこと。その後、広場など目立つ場所で白昼堂々と行われることはなくなったが、ギロチンによる処刑は続いた。
 フランスで最後にギロチンによる処刑が行われたのは、初代『スター・ウォーズ』が公開された1977年である。

晩年に「STAR WARS」シリーズに出演を繰り返した俳優のクリストファー・リー(2015年に他界)は、フランスでの最後の公開処刑を見た経験がある。ちなみにクリストファー・リーといえばドラキュラで有名だが、ギロチンはヴァンパイア退治には有効な手段として知られている

クリストファー・リーはフランスで執行された最後のギロチンによる公開処刑を目撃した人物でもある。

193センチの長身は老いてますます威厳があり、その威容を『ロード・オブ・ザ・リング』や『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』等の大作で遺憾なく発揮している。

瀬戸内寂聴が生まれた時にはオスマン帝国はまだあった

瀬戸内寂聴といえば作家で法話と言った活動も繰り広げていることで有名。インターネット時代にケータイ小説を執筆するなど、チャレンジ精神旺盛な一面も持つ

作家、僧侶。1922年5月15日、徳島県に生まれる。本名・晴美。63年「夏の終り」で女流文学賞を受賞。73年得度。法名・寂聴となる。

98年「瀬戸内寂聴現代語訳 源氏物語」が完結。2006年、文化勲章受章。米寿を迎えてもなお、執筆だけでなく法話や講演会など多方面で活躍している。

13世紀に誕生し、最盛期には北アフリカやヨーロッパの一文にも勢力を拡げ、西洋・キリスト教社会に大きな脅威を与えた。世界史で学ぶ大昔の帝国のイメージだが、その滅亡は瀬戸内氏が生まれてから約半年程度後のことだ

1299年、オスマン1世が小アジアに建国したトルコ系イスラム国家。地中海周辺のアラブ諸地域、バルカン半島をも支配下におき、アッバース朝滅亡後のイスラム世界の覇者として君臨。16世紀のスレイマン1世のころが最盛期。17世紀末から衰退に向かい、第一次大戦に同盟国側に加わって敗北。

第一次世界大戦に帝国がドイツ側に加担して敗北すると、アナトリアは連合諸国によって分割の危機にさらされ、ギリシア軍が西アナトリアに進攻した。ここに至って、ムスタファ・ケマル(ケマル・アタチュルク)の指導の下にトルコ国民はオスマン王家に対して反乱し、同時に連合諸国に対する反帝国主義運動を展開した(トルコ革命)。その結果、1922年11月にスルタン制が廃止されてオスマン帝国が滅亡し23年トルコ共和国が成立した。

近江神宮はエンパイア・ステート・ビルよりも9年新しい

エンパイア・ステート・ビルディングといえば、102階建てのニューヨークを代表する超高層ビルの1つ。日本で最も高いあべのハルカス(300m)よりも100m以上も高いが、完成は1931年のことだ

ニューヨークのマンハッタンに高さ381メートル(のちに電波塔を増設して449メートル)、102階建のエンパイア・ステート・ビルディングが完成しました。

このビルは1973年に世界貿易センター・ビルが完成(2001年9月にテロ攻撃により崩壊)するまで、40年以上にわたって、世界一高いビルの座にありました。

滋賀県を代表する神社。百人一首にゆかりがあり、
「ちはやふる」の舞台に。近隣は比叡山延暦寺などの社寺があるので、日本の由緒のある神社と思われがちだが、創建は1940年と近代で、エンパイア・ステート・ビルディングよりも9年後のことだ

天智天皇6年(667年)に同天皇が当地に近江大津宮を営み、飛鳥から遷都した由緒に因み、紀元2600年の佳節にあたる1940年(昭和15年)の11月7日、同天皇を祭神として創祀された。

『小倉百人一首』の第1首目の歌を詠んだ天智天皇にちなみ、競技かるたのチャンピオンを決める名人位・クイーン位決定戦が毎年1月に行われている。このほかにも高松宮記念杯歌かるた大会・高校選手権大会・大学選手権大会なども 開催されるなど、百人一首・競技かるたとのかかわりが深い。競技かるたに取材した漫画・アニメ『ちはやふる』の舞台ともなった。

音楽ジャンルとしては演歌よりプログレッシブ・ロックの方が古い

演歌と言えば「日本の伝統」というイメージだが、こんにちよく親しまれているような音楽ジャンルとして定着したのは1970年代と、実は半世紀の歴史もない

「演歌」という言葉の意味を辞書でひいてみると「明治10年代に、自由民権運動の壮士たちが、その主義主張を歌にして街頭で歌ったもの(演説歌から)」(デジタル大辞泉)とある。こぶしをきかせ、義理人情や男女の情感を歌う現在の「演歌」のイメージとは随分と異なる。

それが1960年代後半から「ある種のレコード歌謡スタイルを指示するもの」として用いられ、1970年代には「『日本的』ないし『伝統的』なものとして一般に定着」したのだという。

ロックそのものは1950年代からある。これから派生してプログレッシブ・ロックという音楽ジャンルが作られていったのは1960年代後半のこと。キング・クリムゾンやピンク・フロイドらによって音楽性が確立されたのは、1970年になる前のことだ

プログレッシブ・ロックというジャンルは、60年代後半から70年代に最盛期を迎えた音楽ジャンルです。
60年代に築かれたロックの基本概念を拡大し、様々な音楽のエッセンスを加えることで音楽が自由であることを示し、ロックという音楽を次のステージに引き上げました。

プログレッシブ・ロックの始まりは、1969年にキング・クリムゾンというイギリスのバンド1stアルバム「In The Court Of The Crimson King 」邦題:クリムゾン・キングの宮殿がを発売したことです。

デニーズ日本1号店がオープン当時、本州ではまだSLが走っていた

ファミレスの代表格であるデニーズは、1974年4月、横浜にオープン。なお、本家アメリカでは1953年の創業だ

1 2