1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

中川御影さん

■へそのゴマ

へそのごまは、カラダから出た垢や剥がれ落ちた皮膚や皮脂、着ている服の繊維やほこりなどが混ざったモノです。

へそのごまは、そのままにしてくとますます溜まっていきます。更にそのままにしておくと、皮膚についた状態となり病院で取ってもらわなくては取れない状態になってしまうこともあります

■へそのゴマを取ると痛くなる?

強く刺激しすぎて皮膚を傷つけてしまい細菌が侵入、それが腹痛の原因になるだけの話です。優しくケアしてあげれば問題ありません。

■オリーブオイルを使ったケアの方法

オリーブオイルをおへそにちょっとたらします。できればラップなどを使っておへそに蓋をして、数分から数時間置いて、へそのゴマに油を滲み込ませます。

ふやけてきたらガーゼや綿棒を使って、また、その先にもオリーブオイルを少しつけて、おへその中をそっと拭い取ります。

ぬぐい取るときは、優しく大きくぐるっと動かすようにしておへそを傷つけないようにしてください

へそのゴマをとるにはオリーブオイルがいいというので試してみたらとんでもないのが取れた

おへその掃除にオリーブオイルがいいというツイートをしましたが、やってみたいという方が何人かいたので詳しい掃除の仕方を。少量のオリーブオイルをへそのくぼみにたらして5分位待ち、汚れを浮かせてから、綿棒で掻き出すとめっちゃ取れます!!強く擦りすぎると痛くなるので優しくね☝️

■Amazonで簡単お手入れ商品が

おへそのゴマは取ってもOK!!デリケートな「おへそ」のためのお掃除キット

一番手を抜いてしまうところ… おへそ!『 #へそゴマカラメトール 』で女子力UP♪旅行先でもすぐお使いいただけますよ!(´。✪ω✪。`) #LOVETOYSSHOPMAX #お初天神 pic.twitter.com/zJOVWQJHs1

へそゴマカラメトールが本当に絡め取ってくれて感動してる。

入浴後に試したところ取れる取れる。浅瀬のものから深く詰まったものまで一網打尽でした。一定方向に回すと取りやすいですね。

長年、放置していたヘソの中の汚れを綺麗にとり除けました。

■どうしても取れない場合は・・・

おへそのゴマは無理に取ろうとすると、本当にお腹が痛くなることがあるようです。

酷い汚れで取れない場合は、自分で無理に取らずに病院に行って医師の診察を受けて下さいね。

■関連リンク

1 2