続けるのムリ…幼保無償化で広がる「保育士の叫び」

「子ども・子育て支援法」改正案が閣議決定され、10月より幼児教育無償化へ。働くママからは「助かる」といった声がある一方で、保育士の待遇改善や保育園増設を求める声も。現場の当事者である保育士たちも、人材不足による業務負担増や、賃金の安さなどから、悲痛な叫びをあげています。

更新日: 2019年02月26日

48 お気に入り 189097 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2児のママです。

10月から「幼児教育無償化」へ

3歳から5歳までのすべての子どもたちの幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化

住民税の非課税世帯は0歳から2歳も無償で保育が受けられることに。
認可外保育施設に預ける際も、市町村が必要性を認めれば、上限つきで給付金が支給される。

「助かる」という声がある一方で、保育施設の増設や、先生たちの待遇改善を求める人も。

保育園が足りないとか保育士の待遇改善とか課題はあるけれど ・保育無償化 ・産休・育休中の社会保険料の免除 ・育児休業給付金の引き上げ などなど、昔に比べれば金銭的にかなり子どもを産みやすい環境になってきているのもっと評価しても良いと思う 私は絶妙なタイミングで恩恵を受けれてないけど

保育料無償化にかかる費用を保育園新設と保育士さんの待遇改善に全振りしてくれたらどのくらい改善するか試算してみてほしい。

3歳児から保育無償化するなら同時に3歳児クラスまで育休延長してくれ!

と、育児休暇に関するこんな意見も。

現場からは悲痛な叫びが…

想像以上に業務が多く、体力勝負で大変。ノートや書類への記録作業も山盛りなんだそう。

朝早く出勤をし、帰宅するのは夜遅くといった人は少なくありません

子供たちに基本的な生活習慣を身につけさせる指導や、子供の安全を確保することも保育士の仕事

お迎えまで子供達と生活を共にし、降園後は、子供がいるとできない保育指導計画作成や行事の準備などの仕事

明日行ったら休み。 明日行ったら休み。 発表会の準備で残業あるけど気合いで頑張るよ。家では壁面製作の準備やるよ。家にいても仕事だよ。電車の中でも壁面何にするかネットで調べて寝るまで仕事してるよ。これが私が目指してた保育士か…。

激務なうえに責任の重い仕事でも、ほかの職業と比べると賃金が安いという現状。

すみません。保育士足りないですよね、園に子どもさん入れたい方たくさんいますよね、ごめんなさい。でもこの人手不足で、休みもなく、給与も満足に貰えない中で保育料無償化された状態で保育士続けるのは無理です・・・私も人間なのです。辞めさせてください。すみません。

保育士さんもだけど幼稚園教諭も同じく薄給なんで仲間に入れてください

こういうツィートをぜひお役所の方にみてもらいたい わたしは正真正銘、保育士です でも副業しないと生きていけないくらい薄給です これ、まじだから ← これが保育無償化、税金上がる前、一億総活躍社会に生きる保育士の現状ですよ

副業をしているという人も。
また…

無償化で起こりうる影響は?

金銭的に保育園や保育士施設に預けられなかった人たちが、保育園に預けたい!と殺到することが想定

定員数ギリギリの園児を配置人数ギリギリの保育士で回すといった状況になる園もでてきそう。

お粗末な制度設計で無償化を進めたら、親も保育士も自治体職員もクタクタになるだけ。そのしわ寄せは子どもに

子供への愛は、究極に突き詰めれば『時間』です。どれだけ相手の為に時間を割いてあげられるか、これは子供の心に深く残るものになります。 保育無償化が始まれば、恐らく現場は大混乱になると思います。それが保育の質どころか安全面さえままならない保育施設を更に増やし、保護者の不安が増します続

保育士の確保が重要課題に

現在保育士として働いている人は全体の32.9%にとどまり、67.1%が保育士資格を持ちながら、保育士として働いていない「潜在保育士」

保育士にならない理由は、「育児との両立」や「給料の安さ」「勤務時間の長さ」、「業務負担の多さ」などさまざま。(野村総研が女性7210人を調査)

幼保無償化よりも必要なことは何かと聞いたところ、全体の82.8%が「保育士の確保」を求める結果

(株式会社ウェルクスによる有資格者へのアンケート調査)

始まった保育士争奪戦

1 2