1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

まさかの「20‐0」…イタリア・セリエCが揺れている

イタリアサッカー界の「闇」ですね…

更新日: 2019年02月19日

2 お気に入り 7796 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基にまとめました。

manuronaldさん

■イタリア・セリエCで珍事

「20-0」という歴史的なスコアが誕生

2月17日に行われたセリエC・ジローネA(3部リーグ)のクーネオvsプロ・ピアチェンツァの試合。

クーネオが前半だけで16点を奪うなど、プロ・ピアチェンツァを終始圧倒し、「20−0」という歴史的なスコアが生まれた。

クーネオのヒチャム・カニスは6得点を記録した

■原因はプロ・ピアチェンツァの「深刻な財政難」

選手やスタッフへの給料未払いが常態化

プロ・ピアチェンツァは、今季開幕時点で勝ち点8を剥奪されるなど、厳しい財政難に直面している。

昨年8月以降は選手やスタッフへの給料の未払いが続いており、ついには数週間前からストライキを行う事態に発展。

ストライキによって選手や監督が現れず

直近3試合は監督や選手が現れず没収試合となっており、もしクーネオ戦も没収試合となった場合、自動的にリーグから除外される。

これを避けるため、クラブは試合が成立する最低限の7人を、下部組織などから集めて試合に臨んでいた。

理学療法士が急きょ出場する場面も…

キャプテンを務めた18歳の選手は監督も兼任し、けいれんを起こした選手に代わり理学療法士が出場する場面もあった。

Sempre più assurdo quanto accade in #LegaPro... ecco come la #ProPiacenza, oggi, affronterà il #Cuneo. P.S. Allenatore: vedi capitano (classe 2000)... pic.twitter.com/4a4gbaFkwb

■この事態を受け、セリエCを統括するレガ・プロは処分を発表

プロ・ピアチェンツァのセリエC除外が正式決定

セリエCを統括するレガ・プロは18日、プロ・ピアチェンツァをリーグから除外することを正式に決定。

さらに2万ユーロ(約250万円)の罰金が科されるほか、今季の試合結果はすべて抹消され、残りの試合は3-0で相手の勝利となる。

クーネオ戦も0-3の没収試合となった

「恥ずべき事態で到底理解できない」

除外の理由について、「財政危機に対する緊急措置の期限切れまでの期間で改善できなかったため」と説明。

レガ・プロのギレッリ会長は「恥ずべき事態。持続可能な財政に向けてルールを厳しく課し、改革を進めていく」と話している。

20-0で敗けたプロピアチェンツァは俺が知ってる元セリエAのピアチェンツァとは別のチームなのか 紛らわしい

1 2