1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

遂にあのジャニーズまでもが…初のVR参入に様々な声が!!

昨今様々な企業や団体がVRに参入していますが、なんと今度はあのジャニーズが参入するとして話題になっています。新しいことを常に行っているジャニーズですが、昨今嵐の活動休止やSMAPの解散などがあって、話題が欲しい時期だったので、都合がいいのではという声が挙がっています。

更新日: 2019年02月19日

1 お気に入り 4384 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

昨今様々なVRに参入している

2016年は「ハコスコ」や「Google Cardboard」といったローエンドデバイスに加え、「Oculus Rift」や「HTC Vive」といったハイエンドデバイスが発売されたことで消費者のVRに対する関心が一気に高まった年になった。

一方で、Googleが発表した「Daydream」といったスマホVRプラットフォームや、半年間限定ながら大盛況を博したVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE」などデバイス以外でもVRの裾野が広がる動きが多くみられた。

今後成長が見込まれるAR/VR市場ですが、その成長予測に関しては意見が大きく分かれており、2020年台の市場規模予測は1兆円以下から20兆円規模までの乖離があります。

VRにおける2018年のビジネスの現状は、残念ながらまだまだ多くの分野でマネタイズが困難な状況です。

どうしてまだ利益を生みにくいのに多くの企業が参入しているのでしょう。それは、将来性があるので、今のうちに先行投資をしておくと先行者利益が得られるからです。

ちらほら有名どころが参入していきまして、ついにあの有名事務所が参加することに!!

遂にジャニーズが参入へ…

その第1弾として、海堂飛鳥(CV:藤原丈一郎)、苺谷星空(CV:大橋和也)という2名のバーチャルアイドルが活動を開始することが決定した。

藤原は「ふだんは関西弁で話していて、クールな海堂より、どちらかというと苺谷に寄りなので、演じるというのを見せられるのを楽しみ。やりながら習得していきたい」と意気込みを語った。

一方、苺谷とキャラが似ていると言われている大橋は「すごい親近感がわいて、より一層かわいいキャラを出せたら」とワクワクした様子を見せた。2人ともゆくゆくは「夢は大きく世界で活躍したい」と大きな野望を抱く

発起人でプロデューサーを務めるのはSHOWROOM代表の前田裕二氏。キャラクターデザインは動画投稿サイトで活動する人気クリエイターユニット「Honey Works」のイラストレーターのヤマコが担当する。

活動終了・解散などが増えるジャニーズのカンフル剤になるか?

大野は活動休止後について、「具体的に何がしたいと考えているわけではなく、一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたかった」と話していた。

活動休止中もメンバーたちの動きから目が離せないようだ。

ジャニーズも新たな人材とイベントが重要になってきます。なのでVRというわけですね。

ジャニーズも新陳代謝の時代を迎えているのかもしれませんね。

1988年4月、光GENJIのバックダンサーだった
「 スケートボーイズ 」の中からの選抜メンバーで
グループ結成された、その名も「 スマップ 」。

一度は解散危機を乗り越えたが、やはりノーサイドで元の鞘に収まるというわけにはいかなかった。

個性がバラバラの5人をまとめていたマネジャーを失い、国民的グループは空中分解してしまった。

様々な声が…

【気になる!】ジャニーズ初のVRアイドルが誕生 演者は「なにわ男子」藤原丈一郎&大橋和也 苺谷って聞くと香を思い出すのは私だけ? #バーチャルジャニーズプロジェクト #VRアイドル #藤原丈一郎 #大橋和也 #SHOWROOM #海堂飛鳥 #苺谷星空 youtu.be/H0lLB7CCerM @YouTubeさんから

え?ジャニーズのVRアイドルのプロデューサー、前田さんなの!? 前田裕二さんも好きだし、なにわ男子のこの2人もめっちゃ好きだし。これから楽しみ! #前田裕二 #VRアイドル

1 2