1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

パーティーやバーで目立つように、若者の本当の個性を強調するヒップホップ(HIPHOP)ジュエリーブランドです。https://jp.krkcom.com/

KRKC_JPさん

本場アメリカでは2017年にこれまでのロックを抜いて、ヒップホップが一番売れた音楽となり、最もポピュラーな文化に近づいてきました。
もちろんその文化背景としてファンションも重要な役割をはたしていて、今や多くの人たちがヒップホップファッションを取り入れていますね。ラッパーやヒップホップ関係アーティストのファッションに、かつてないほど注目が集まっています。ヒップホップスタイルはファッション業界全体を牽引しているといっても過言ではありません。中でもKanye West(カニエ・ウェスト)やTravis Scott(トラヴィス・スコット)らはカジュアルな着こなしから、ファッションアイコンとして注目をあび、着用しているブランドが爆売れするという現象まで起こったりもしています。

Drake(ドレイク)

ヒップホップファッションに欠かせないテニスネックレス着用

ヒップホップアーティストの個性的な着こなしや、目新しいブランドを取り入れるセンスは、いまやファッション界の大きな関心事です。
そんなヒップホップアーティストの中でも、際立ってファッション関係の話題に登場するのが、ラッパーのドレイク(Drake)です。ドレイクはスウェットスーツをスタイリッシュに着こなすだけでなく、ドレスアップしたときもなかなかですね。彼が着ているのは、スタンダードな服ばかりだけれど着こなしが達者だ。また惚れ惚れするようなアウターの数々も彼のコーディネートを素晴らしいものにしています。

A$AP ROCKY(エイサップ・ロッキー)

デビューアルバム全米1位、ハイブランドをサラッと着こなす。
THE・ファッションアイコンなおしゃれラッパー。
映像なんかからもシーンの最先端感を感じれます。
『日常生活』を『けだるく』ラップするスタイル。
ストリートファッションに、綺麗めなハイブランドアイテムを織り交ぜた“ラグジュアリーストリート”というジャンルを広めたひとりとして、ファッションシーンでも注目度の高いA$AP Rocky。日本のファッションシーンを牽引しているアーティスト、KOHHの現在のスタイルの先駆け的な人物といえるでしょう。Alexander Wang(アレキサンダーワン)やディオール オム(DIOR HOMME)の広告にモデルとして登場したこともあり、現在のヒップホップファッションを学ぶ上では外せない人物です。

Kanye West(カニエ・ウエスト)

世界的ラッパー、音楽プロデューサーであり、ファッションアイコンとしてもその名を轟かせるカニエ・ウエスト。カニエ・ウエストのメインの仕事は音楽ではあるが、ラッパーでありながらもファッション界に多大なる影響を与えています。様々なブランドとのコラボオファーを受け制作されるカニエデザインは世界中でヒットを飛ばし、即完売されるほどに。 カニエのファッションへの愛情の深さは計り知れないものがあります。

Travis Scott(トラヴィス・スコット)

テニスチェーン重ね着け

若くしてラッパーとしての才能が認められ、アメリカのヒップホップ界の重鎮、Kanye West(カニエ・ウェスト)の率いるレーベルであるGOOD Musicと契約したテキサス出身の“Travis Scott”。ダークでクールな曲調と、独特な間の取り方が魅力のアーティストです。自身のブランドも持ち、世界的なファッションアイコンであるKanye Westの秘蔵っ子であるTravisは、音楽のみならずファッションセンスも抜群。オールドスクールなゆったりとしたアイテムを使ったスタイルから、旬なラグジュアリーストリートファッションまでお手のもの。RICCARDO TISCI(リカルド・ティッシ)やAlexander Wangの広告にも登場したTravisのファッションからは、今後も目が離せません。

Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)

目が離れないほど注目されるネックレスとペンダント

1993年、リリースされた1stアルバムが全米ビルボードチャートで首位を獲得、その後も立て続けにヒット曲を生み出し、現在ではシーンにおいて重鎮的な存在となるまでに上り詰めたカリフォルニア出身の“Snoop Dogg”。独特な声と、気だるそうに歌うスタイルが特徴であり魅力のアーティストです。
ハードな歌詞のギャングスタラップが特徴の、西海岸のシーンから登場したSnoop Doggのファッションは、ラッパーという言葉がぴったりないわゆるウェストコーストスタイル。荒っぽくやんちゃなイメージの強いスタイルですが、Snoopはストリートテイストのアイテムを嫌らしくなく自然に、且つオシャレに着こなす達人です。絶妙なカラーバランスやサイズ感の合わせは、ストリートファッションを楽しむのであれば、ぜひ参考にしておきたいところですね。

Kris Brown(クリス・ブラウン)

鮮やかなカラーのアイテム着用

やっぱりHIPHOP!
鮮やかなカラーのアイテムや、柄物アイテムを思い切って大胆に着用する!
ワイルドなメンズたちが着こなすキャラものアイテムがとにかくお洒落に見える!
ド派手な色、ネックレス……。どこを取っても個性的で雰囲気満載ですね。個性溢れるコーディネートでどんどん自分を出していきましょう。説明されなくてもラッパーだと分かる、ラッパーらしさ全開のコーディネートです。

全身ブリンブリンアクセサリー着用

21年前に亡くなった彼だが、今なお多くのアーティストから愛され、
またファッションアイコンとして多くのブランドのデザインに用いられている。

近年ではKanye West(カニエウエスト)や
Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)Justin Bieber(ジャスティンビーバー)
など多くのアーティストが彼のHip Hop Tを着用しているのを見かけた方も多いのでは。
生きていれば今のファッションのトレンドも変わっていたかもしれませんね。

1