1. まとめトップ

彼女ができない人の特徴!それは自分を知らないということ

彼女を知るために、もっと自分のことを知りましょう。自己分析をきちんとすることで、改革すべき点が見えてきます。

更新日: 2019年02月22日

3 お気に入り 3610 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

彼女ができない人には特徴があります。自分の行動を見直し、彼女が作りやすい環境を整えることが大切です。

彼女ができない人の特徴

いい人どまりで彼女ができない男の特徴は、失敗を恐れて慎重になりすぎること。とにかく失敗するのが怖くて仕方がない。石橋を叩いて結局渡れないタイプです。

だから、積極的に女性を誘っても大丈夫な時や、むしろ女性に好意をもたれていて、食事やデートに誘わないといけないタイミングでも行動できない。

勘違い君タイプでモテない男の特徴。石橋がないのに渡ってしまうタイプです。カップヌードルにお湯を入れて1分で食べ始めてしまうような。「今すぐ食べる。だって食べたいから。」という感じ。

女性に「話すとつまらない」と言われる男のもう一つの特徴は、女性が興味のない話題を延々話すこと。女性のリアクションを見ているとすぐにわかります。

行動力がない男性は彼女を作るための行動をしないから当然のごとく彼女ができません。どんなに彼女が作りたいと思っても、思うだけで何も行動しない人に彼女が容易くできるわけがないのです。何もしなければもちろん彼女を作る機会には恵まれません。

「〇〇くんって二次元にしか興味ないんだって」という噂が広がれば、女性には気持ち悪がられて誰も近づいてきません。オタク趣味を公開している人は、そこが問題で彼女ができない可能性があります。

軽いオタクならオタク女子が寄ってきますが、濃いオタクは相手にされないことがあるので、その趣味が彼女ができない原因になっています。

外見ではなく内面を重視!という考え方ですね。男は見た目じゃなく、心だ!とよく言いますが、女性に外見が悪いと評価される前に足切りされてしまいます。

内面的な正当な評価を受ける前に、恋愛対象とならないのです。見た目を気にしない!なんていう女性は間違いです!

自分を知るためのきっかけとは

自分を変えたいと悩む人がやってしまう大きなマチガイ。それは、性格を変えようとしてしまうことです。内向的な人が外向的になりたいと悩んだりすることは多いですよね。

わたしも暗い自分に昔は悩みましたし、変わらない自分に嫌気がさしたりして、もがきました。でも、あるとき開き直りました。性格は変えられないのだなと。

そんなわたしがしたことは、行動を変えることでした。

わたしが自分を変えるのに、大きく影響があったと思うこと。それは、付き合う人を変えるということです。「朱に交われば赤くなる」という有名な言葉があります。一緒にいる人の影響は、とても強いのです。

ダメな自分を変えたいと思うなら、「自分の性格は変えられる」ことを信じることからスタートしよう。失敗も後悔もたくさん重ねながら、それでも人は変わらずにいられない生き物だ。あなたが思う「前」へ、自分を進めていく気持ちを持ってほしい。
今の自分は「変えられない」のではない。「変える」のである。

自分の性格を変えたいと思うきっかけは他者からの評価であることも多い。「嫌われる」とか「好かれない」と言ったような。
もし「こうしたら人と好かれるのにな」と思うことがあるなら、何度かで良い、やってみよう。

できなくてもいい、できる時を作ってみよう。
段々とその回数が増えていけば他者からの評価が変わっていき、その内他人から見た「自分の性格」が変わる。

繰り返しになるけれど、自分の性格を他者が見たとき、その判断材料はとても表面的なものだ。誰もが自分とかかわる人の気持ちはわからないから、何とか「相手を知ろう」とするとき、表面的なもので性格を含めた「その人」を知るしかない。

たとえダメな自分でも素敵な行動をとっている人は、自己評価とは裏腹に素晴らしい人だと噂される。本当はいい人ではなかったとしても…、でもこれは世の常だ。

彼女ができるためにできること

女性は、将来を見据えた考え方をしていると言いました。

つまり女性に好かれるような習慣は、また自分の将来にとってもよい習慣であり、人からも好かれる習慣というわけなのです。

女性にモテる人ほど、仕事もでき、友達も多く、楽しく生活しています。

それはその人の習慣が中心の軸となっているため、周りの状態もよくなっているのです。

いま一度、自分の習慣を見直してみましょう。

モテる人には「話しかける」という習慣があります。

プライドを低くして、話しかけられるまで待つのではなく、自分から積極的に話しかける習慣を持っています。

仲良くなることに遠回りをしないのです。

素直にさっさと直接話しかけて、親しくなります。

朝の挨拶にしても、仕事を頼んだりするときなど、こまめに話しかけてくれます。

清潔感は、女性に好かれるための大前提です。

身だしなみをきれいに整えている人は、女性には間違いなく好感をもたれます。

清潔感なしに、女性から好かれるということは大変に難しいと考えましょう。

女性は、自分が清潔感を好むため、男性にも清潔感のある人に好印象を抱きます。

爪が短いことをはじめ、清潔感を演出するためには、何か1つをきれいにすればいいわけではなく、全体的なケアが必要です。

ここをこうすればいいというだけでなく、あれもこれもと全体的にケアをすることが必要です。

よく「外見を褒めるのはタブー」といわれますが、いえいえそんなことはありません。

女性はやっぱり見た目を気にしています。

「可愛いね」「綺麗だね」と言われれば嬉しいですし、髪型や服装を「似合ってる」と言ってもらえたら、ついつい気分も上向きになってしまうものなのです。ただ、外見を褒めるのにはコツがあります。

それは「外見だけに集中しないこと」、それから「体型については触れないこと」。

『内面を褒める』というのは、きちんと相手を意識し観察していないと、まずできません。それだけに、自分がひそかに努力しているポイントに気づいてもらえたときは、喜びもひとしおです。

どんなことを言おうか、どう言ったら喜ばせることができるだろうかという小細工は、かえって、不自然さがにじみ出てしまいます。感じたことをさらっと伝えるくらいでちょうど良いです。

ですが、けして上から目線の褒め方や、すべてを理解したような気での褒め方はやめましょう。

『気づいたらすぐ褒める』。

例えば、相手が髪を切ったのに気づいた、なんだかいつもよりお洒落な気がした・・・「お!」と思ったらすかさず褒めてみましょう。

そのときには、ぐだぐだとした長台詞は不必要です。「あれ、髪きった?似合ってるね」「なんか今日の格好、『いつにも増して』可愛いね」このくらいで十分です。

ここでのポイントは『以前を否定しないこと』。

『誰もいないところで褒める』。

大勢の前で褒めてよい事柄と、やめておいた方が良い事柄というものがあります。

特に、複数の女性がいるところで褒めるのは、あとあと相手がやっかみを買ってしまい気まずくなってしまったり、変な噂を立てられてしまうということも無きにしも非ずです。

1