1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

お前もか…江崎グリコ「ドロリッチ」が3月で生産終了

Twitterには、生産終了を悲しむ声や懐かしむ声が多く上がっています。

更新日: 2019年02月21日

11 お気に入り 31461 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■悲報 江崎グリコ「ドロリッチ」が3月で生産終了

Twitterの口コミからブームとなった商品でした デザート飲料「ドロリッチ」が3月で生産終了 新食感の飲むスイーツとして2009年にブーム nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/19… pic.twitter.com/dgCgqXTXhP

■新食感で大ブームとなった同商品

その新食感や腹持ちの良さからTwitteの口コミで大ブームとなり、昨今の“デザート飲料”の先駆けとして市場を席巻。

2017年には商品コンセプトや中身、パッケージなどが全面リニューアルされ、再び注目を集めていた。

■生産終了の理由は「売上の低迷」

同社によると、競合商品の登場や市場関係の変化に伴い、売上が目標に達しない状況が続いたためとのこと。

ドロリッチなくなるのかー…。初期のTwitterといえばドロリッチのイメージ。ツイート遡ったら2009年に呟いてたわw twitter.com/replica_rose/s…

ええ…ドロリッチなくなるの…大好きだったのに 入院中に舌の間隔が半分以上麻痺したときドロリッチだけは味がしたからホントに救われた思い出

ドロリッチ結構好きだったんだがなぁ。最近コンビニとかで見なくなってたから飲めてなかった(´・ω・`)

■近年相次ぐロングセラー商品の生産終了

「キスミント」

江崎グリコは昨年10月、1987年から発売されていたロングセラーのガム「キスミント」の生産終了を発表。

ガムの販売額の低迷、グミなど競合品が増えたことが原因で、生産していた佐賀市の工場も昨年末で閉鎖。

すでに生産は終了しているため、在庫がなくなり次第、店頭から姿を消す。

「森永チョコフレーク」

森永製菓は昨年9月、1967年発売のロングセラー商品「森永チョコフレーク」の生産を、19年夏までに終了すると発表。

同社によると、近年は多様なチョコレート商品が売り出され売り上げが低迷していたほか、工場の老朽化も原因とのこと。

同社は、生産効率化の一環で生産機能の集約を進めており、20年3月までに国内の2工場を閉鎖することを決めている。

「100円みぞれ」シリーズ

“冬アイス”定着の陰で『100円みぞれ』が販売終了、ふわサク「進化系かき氷」戦争へ | ORICON NEWS oricon.co.jp/special/52300/ コーヒーフロート みぞれいちご みぞれしろ 懐かしすぎる^^ 販売終了か(´・ω・`) #昭和雑学 pic.twitter.com/Bs6zu5ORYo

1 2