1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

今期、無印の経営不振が話題に

「無印良品」を展開する良品計画は1月9日、2019年2月期の業績見通しの下方修正を発表した。

国内は冬物衣料が振るわなかったほか、生活雑貨が伸び悩んだため下方修正に至った。

また、1月末でファミマ販売を終了

ファミマ店頭で無印良品の商品を取り扱いはじめたのは、1980年代初頭から。40年近くという、長期の取引ということになる。

特に懸念されているのが・・・

15年4月に東京・銀座にある百貨店「プランタン銀座」に出店した。これを皮切りに都心部に大型店を積極的に出店

これまで郊外の大型店舗を主軸としていたニトリだが、都市部への出店も成功を収めている

ニトリ銀座店がリニューアルオープンしたとのことで見に行ってきました。都市型で中価格帯が中心。2フロアに渡り充実の品揃えです。ニトリがある銀座マロニエゲート2(旧プランタン銀座)も同… instagram.com/p/BRr_NqaDCB-/ pic.twitter.com/NMQMLZyROu

初の百貨店内進出と同時に都市部出店への足掛かりとしたニトリ銀座店は評判がよく、都心で働く女性層やマイカーを持たない都心のファミリー層からの支持を集めているという。

2018年2月期末までに、取扱商品の40%をデコホームのオリジナル商品とすることで、ニトリとの住み分けを図る。

\ニトリからうまれたインテリア雑貨店 / デコホーム✨ ニトリの人気商品と、デコホームオリジナル商品を販売♪ ショッピングセンター、駅近など、みなさまの身近に出店中! オリジナル商品の情報を中心にご紹介しますので、是非フォローお願いいたします! bit.ly/2GwAyio #デコホーム pic.twitter.com/bGkfwHMA8J

デコホームから今週のチラシのご紹介✨ おすすめは春を感じる淡いピンク色に、グレーを合わせた コーディネート♪ これから始まる新生活の必需品から、お部屋のイメージを変える素敵な雑貨までご用意しています 今週のチラシはこちらから bit.ly/2GjWn5K pic.twitter.com/sr2OM7mnTI

北海道発祥で、ロードサイド家具マーケットを制覇したニトリは、既に大都市の攻略を着々と進めているようだ。

こうしたニトリの動きが影響

家具やインテリアが伸び悩み、ファブリックス(クッションなど布製品)が落ち込んだ。これらはニトリと競合する分野だ。

良品計画の社長コメントも「ニトリと競合する部分があるのは事実」とのこと。

私が欲しいと思ってたもの全部ニトリで揃うわ…… 最強かよ。

無印良品とニトリが階を挟んで並んでて、競合やばそう。でも買う側としてはありがたい。

両者の競合度は増しており、無印良品としてはニトリとの競争激化に備え、品ぞろえの強化を図りたいところだ。

1 2