1. まとめトップ

男性に大切にされる愛され女子のLINEテクニック

LINEのやり取りだけで気になる彼の意識を貴女に向けるために愛され女子たちが日常的に行なっているLINEテクニックを紹介♪コツはとにかくシンプル!とにかくポジティブ!とにかくいたわる!

更新日: 2019年02月22日

6 お気に入り 10958 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いくつかの女性向け恋愛メディアでライターのお仕事させていただいています。私のまとめが恋愛に悩む女の子の役に立てば嬉しいです♡ (運営サイト: https://miwaqoo.com

28pinkyさん

否定的な言葉は使わない

愚痴、悪口、頭ごなしに否定……これは異性とのLINEだけでなく、性別問わずあらゆる場所で大事なことです。ネガティブはよくありませんね。
「自分の愚痴を伝えたい、ほんの少しで良いから共感してほしい」そんな気持ちからネガティブなことを言ってしまうのかもしれませんが、男性はあなたの発言をよく見ています。
男性の声:
「LINEのたびにネガティブな話する人はブロックしたくなる」
「正直、家族の悪口をおおっぴらに語るのは引く」
「誰か他の人に向けてLINEしてほしい」

かわいいスタンプを時々使う

スタンプは、自分が本気で「これはセンスがいい!」と思うものだけを送信。無料だからといって多用しません。

そのため、自分のキャラに合わないスタンプを送って、男から「え?この子って意外とメルヘン系?」などと誤解されることもありません。

有料スタンプばかりを送りつけて、浪費家疑惑をもたれることもなく、そのあたりのさじ加減も絶妙です。

女の子らしいスタンプ
・「プーさんとか女の子らしいキャラクタースタンプ」(28歳/情報・IT/技術職)
・「ふんわりしたタッチのクリエイタースタンプが使われていると可愛いと思う。女の子らしさが感じられるから」(23歳/その他/その他)
・「可愛くて、女の子らしいスタンプ」(36歳/その他/その他)
女性らしさが感じられる、ふんわりとした優しい雰囲気のスタンプが送られてくると、可愛いと思うようです。

あいさつを定着させて生活リズムを把握する

最初の挨拶LINEから、話題が広がり、LINEでメッセージを送りあう仲になったときに悩むのは「毎日LINEをするきっかけ」ではないでしょうか?

「おはよう」からスタートするのは、ちょっと慣れ慣れしい気もするし、でも毎日LINEを送るメッセージなんて思いつかないことも……。

(1)生活パターンを把握
そんなときは、相手の生活パターンからLINEを送るタイミングをはかりましょう。

朝の方がLINEがスムーズに来る、お昼の仕事時間は全く既読が付かない、夕方はLINEが良く来る、深夜はテンションが高いような気がする、など今までのLINE内容から彼の生活パターンをつかみましょう。

(2)好印象のタイミングを狙え
上記のような生活パターンをつかみ、LINEを返信しやすいだろう時間帯にLINEメッセージを送ってみましょう。男性にも「心にゆとりがある時間帯」があるんですね。そんなタイミングでLINEを送ると好印象になりやすいものなんだとか。

内容は、その時間帯にあった挨拶でもいいですし、下記に紹介する盛り上がる話題でもOKです!

彼を励ます言葉やいたわる言葉を送る

男性から好感を持たれるのは、ちょっとした気遣いや優しさが垣間見えた瞬間。そんな心理を利用して、LINEのやり取りでも、まずは相手をいたわる気持ちを表現するような返信をすることが重要となります。

メッセージの返信に、律儀に相手を労わる一文を入れることで、気遣いの出来る女性と相手に印象付けることができ、男性にとっては好意を抱くきっかけにもなり得るもの。

たった数行の文字のやり取りでも、男性の胸キュンポイントを押さえておくだけで、モテ効果は一気に急上昇するもの。愛され女子は、LINEでもモテテクを駆使しているといえます。

彼を褒めて男心をくすぐる

男心をくすぐる方法として“男性を褒める”ことはとても効果的です。

■「ちょっと落としてから」褒める
例えば「一見冷たそうに見えるけれど、実は優しいよね」とか「ちょっと遊んでそうって思っていたけれど、実はマジメなんだね」といったLINEを送るといいでしょう。
■「○○さんのおかげ」と言う
「ありがとうございました」と言うだけではなく、「○○さんのおかげでうまくいきました」など“あなたがいたからこそ”という特別感を出してあげると、男のプライドを上手にくすぐることができるでしょう。
■「センス」を褒める
漠然と褒めるのではなく「○○さんの洋服のセンス好きです」「話がいつもおもしろいですよね」などとセンスを褒められると、人間性そのものが褒められているかのような気分になるため、嬉しく感じるはず。
■「尊敬していること」を伝える
男性を褒める際は「尊敬している」という言葉を使ったり、尊敬の姿勢を伝えたりするといいでしょう。
具体的には「○○さんのそういうところ尊敬します」とか「本当に勉強になりました」とLINEを送ってあげると、男性もきっと喜ぶはずですよ。

長文・ダラダラした文は男子が最も嫌うもの

長文の返信は相手に不快感を与えてしまいかねません。

「重い女の子だなあ……。」「もしかしてメンヘラなのかな……?」などと、マイナスな印象を受け取られてしまう原因になり、恋愛に全く発展しなくなってしまうかも。恋愛を成就させるためには、適度な距離感を保つようにしましょう。

返事の催促やしつこい連投はウザがられる

あなたの方からLineを送って、彼からはまだ返事が来ていない時に、2通目、3通目のメッセージをどんどん送るのは、考えものです。

女性の方から恋愛に積極的になるのは構いませんが、彼からすると「はあ~、返事を書こうと思っていたのに、また2通目、3通目が来てる」と思って憂鬱になるかもしれません。

あなたの方から「ねえ、あの返事はどうなったの?」なんて書いてあったら、彼の方は面倒くさくなってしまいます。

Lineの恋愛テクニックとしては、「あくまでもサクッと爽やかに」を心がけましょう。
恋愛心理では相手を追いかけすぎない方が上手くいきます。

相手の返事を催促するようなひとことは書かず、返事が来なくても「そう?私も忙しかったし、気にならなかったよ」くらいのスタンスでいた方が、恋愛は長続きします。

時間帯や彼の状況を無視したメッセージはNG

もうマナーとして当たり前のことでしょうが、暇だから、眠れない、という理由で非常識な時間にLINEを送るのはやめましょう。
人間というものは、自分の時間通りに体が動いているので、臨床心理的にその時間を崩されることを極端に嫌います。
好きな人からのLINEでも、朝五時や夜中の二時などに送ってこられても「え?非常識」と思うのは当然でしょう。
それが忙しいときや疲れている日だったらなおさらです。
簡単に連絡が取れるからこそ、いつも以上に時間的なマナーには気をつけましょう。

1