1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼既に猛威を振るいだした

スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で生じるアレルギー症状を「花粉症」と呼びます。医学用語では、「季節性アレルギー性鼻炎」。

植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。

2019年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、九州地方までの広い範囲で例年を上回る見込みです。特に東海地方は例年よりも多い予測のため、注意が必要です。

花粉症の数値がひどいので もう既に目がかゆい。 鼻水とくしゃみは止まらんし、 喉も今朝かゆかった

目玉を取り出して丸洗いしたい つまり花粉症で目がぁ…!状態ってこと

外国にも花粉症はあるの?

▼アメリカの場合・・・

一番有名なのは、ブタクサ(Ragweed・ラッグウィード)4人に1人がこのブタクサの花粉症だとか。

他の花粉の粒子に比べてとても小さいので、簡単に気管の奥にまで入り込んでしまいます。そのため、喘息に悪化してしまう可能性が高い花粉。

最近は温暖化の影響でブタクサ花粉の飛ぶ時期が長くなっていると注目もされている

アメリカ北東部 8月~10月
アメリカ西部  4月~7月

ブタクサは菊の仲間で、9月頃に開花します。北アメリカ原産の帰化植物で、日本では1961年に最初のブタクサ花粉症が報告されています。 e-life1.com

ハワイには日本のように杉やヒノキが生えていないため花粉症とは無縁だと言われていますが、杉や檜の代わりにマンゴーの木がたくさん生えています。

ちょろっとしらべたらハワイにはマンゴー花粉てのもがあるらしい‥だめだもう宇宙に逃げるしかない

▼ヨーロッパの場合・・・

ドイツでは約1300万人が何らかの花粉症にかかっていると推定されています。多くの場合は30歳前に症状が現れますが、最近は50歳を過ぎてからの発症も少なくありません。

ドイツにも花粉症はあるからね!気をつけるんだよ。特にイネ科の花粉症を持っている人、春に来たら大変なことになるからね。

1 2