1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

彼女と別れたい:傷つけずに別れる方法

一番自然に彼女と別れる方法は「自然消滅」だと思います。具体的には「今までなら毎回彼女の誘いに乗っていたのを、2回に1回に減らす」「SNSやブログなどで仕事が忙しいアピールをする」「LINEは既読無視」などの手法があります。

即効性はあまりないですが、彼女が「最近すれ違いが多いような気がする」と思い始めたころに別れ話を切り出すのことで、お互いの気持ちがある程度離れた状態で自然に別れることができるかもしれません。

恋愛においてお互いがが納得してきれいに別れるパターンはほぼ皆無です。どうせ嫌われるなら、とことん自分が嫌われることによって、彼女から別れたい気持ちにさせるという考え方もあります。あなたは不本意でも、彼女の気持ちはきっと救われるはずです。


勇気を出して、彼女から最低だと思われるように行動しましょう。彼女を傷つけない別れ方は、あなたが犠牲になることで成功する可能性があるのです。

彼女を傷つけないで別れる方法として一番確実なのが、少しずつ距離を置いていく方法です。まずLINEを既読無視したり電話の回数から少しづつ減らしていき、次にデートの回数を減らしていきます。


これを長期的に継続することで彼女との時間を減らしていきましょう。こうすることによって、お互いの気持ちは少しづつ離れていき、彼女もあなたの別れたいという意思に気付き始めます。


この彼女と別れる方法は時間はかかりますが、彼女を傷つけたくないという気持ちが強い人におすすめの方法です。

「“まだ数年は結婚する気がない”と嘘をついたことがあります。本当は相手に対して結婚したいと思えなかったのと、他にいい感じの女性ができたのが別れたい理由だったんですが、言えませんよね(汗)」(25歳/事務)

彼女がアラサーの場合、「結婚できないから別れた」という男性側の理由がよくあります。女性の婚期を逃させないための優しさのように一見見えますが、実は都合のいい言い訳かも!

「結婚はまだ……」という理由で振られそうになったら、それが本当の理由かどうか慎重に判断を。

「いきなり別れようと言っても、彼女は納得してくれないだろうなって……。だから連絡を減らしたり、会うのを控えたりして距離を置いてみました。時間はかかるけど、“もう以前みたいに愛されていないんだな”って、わかってほしい」(28歳/事務)

距離を置いてお互いを見つめ直そう……という時、実は男性の中ではすでに結論がでているなんてことも! 修羅場やもめ事は誰だって避けたいもの。でも、彼女にとっては、はっきり言われるよりも、期待が残る分辛いかも。

「連絡を返さず、ほとんど会わず。嘘をついたり、一緒にいても携帯ばっかりいじってつまらなそうにしたりと、相手に嫌われそうなことを積み重ねていきます。

すると、イライラした彼女の方から“別れよう”って言ってくれることも多いんです。自分から言う負担もないし、相手の気持ちも離れるし、便利な方法だよ」(28歳/事務)

なるほど。相手にわざと嫌われることで、振られ待ちをするんですね。急に態度の変わった彼氏にとまどってしまいそう。スッキリ別れられそうですが、その後の2人の関係は滅茶苦茶⁉︎

今まで考えなかったことであっても、女性の好きな食べものや趣味、喜ぶ行為など、あらゆる知識や情報を仕入れること

彼女と別れたい:綺麗に別れる方法

別れる時こそ男らしく、素直に別れたいと彼女に伝えるのが実は最善の方法かもしれません。別れたいと伝えたら必ず理由を聞かれると思います。

そうしたら、今のあなたのありのままの気持ちを伝えましょう。「本当に申し訳ないと思うし、自分自身理由も分からないんだ。他に好きな人がわけでもないけど、急に君に対して興味が無くなってしまったんだ」など飾らない言葉で言いましょう。

上手な別れ方をするためには、様々な気遣いが不可欠です。別れを告げる場所、時間帯、タイミングも大切です。


例えば彼女の仕事がいつもより忙しかったり、プライベートの出来事で落ち込んでいるときなど、普段とは違う状態であれば、別れ話を切り出しても冷静な話し合いは出来ないでしょう。彼女の負担を増やすことになり、事態を悪化させてしまう可能性もあります。


彼女が今どのような状況や精神状態にあるかは事前に把握しておきます。別れたい相手とはいえ、一度は好きになった彼女です。別れ話も思いやりの気持ちを持って上手に切り出しましょう。

上手に彼女と別れたいなら、できるだけ彼女の気持ちに寄り添うことがポイントです。彼女との別れ話で男性がやりがちな失敗が、最後の最後で彼女の気持ちを考えることができないことです。別れたい一心で、話を聞くのが面倒になったり、伝えることは伝えたし、あとは彼女自身の問題にしてしまう男性が多いです。

そのため、別れの切り出し方、タイミングまではよくても、最後にいきなり捨てられた!と女性が感じてしまいます。出来るだけ彼女の話に耳を傾けましょう。女性は恋愛において男性よりさっぱりした面があるので、心に溜まったものを全て吐き出したら案外すっきりと別れることができるかもしれません。

彼女と別れたいと男性が思っているカップルということは、すでにお互いに行き違いが生じて関係が冷えてきていることも多いはず。彼女も終わりが近づきつつあることは覚悟しているかもしれません。そういう場合は別れ話も早いに越したことはありません。
でも、なにがしかの事情で、いきなりあなたから別れを切り出さなければならないというケースであれば、短期間でもよいので彼女に心の準備をする期間をつくってあげましょう。

あなたからの連絡を減らしてみたり、デートの約束をしないようにしたり。女性は察しの良い生き物です。あなたの態度の急変に気づいて、最悪の事態を想定します。ただ、この状態をズルズル長引かせてはいけません。

彼女と別れたいと思ったら「きちんと会って話す」。これがいちばん大事です。メールや電話で別れ話なんてもってのほか!

かつて私自身が遠距離恋愛していた男性とお別れした時のこと、すでに電話やメールで話し合って結論は出ていたのですが、彼は忙しい時間をやりくりして会いに来てくれました。「とても大事な人だったので、会って話したかった」と言われたのですが、振られたというのに、その言葉がとても嬉しく救われる気持ちでした。

男性は結果を重視しますが、女性が重視するのはプロセス。つまり、「振られた」という結果であっても、そのプロセスに手間をかけ礼儀を尽くしてくれたらそれで納得することが多いのです。どんなに面倒でも、できる限り顔を見て、別れの理由を説明してあげてください。彼女に対して敬意を払っているということが伝われば、彼女の恋心は一時的に傷つきますが、プライドは保たれます。

別れ話が終わると、心の重荷が降りたような気持ちになりますね。すでに新しい恋が始まっている方も、これからまた出会いを求める方もいることでしょう。

それなのに、別れてしばらくすると元カノに連絡をする男性っていますよね。

私自身「酔った勢いで電話しちゃった〜(笑)」と、別れたばかりの元カレから連絡をもらったことが何回かありました。あれはいったいどういう気持ちだったのか未だにわかりません(苦笑)。

元サヤ狙い?「あわよくば体の関係をもてるかな〜」といった下心でしょうか。理由はどうあれ、自分で振った元カノに連絡はしないであげてください。昔の関係に戻れるかもと期待したり、せっかく閉じかけた心の傷がぱっくり開いたりしますから。

本当に彼女を傷つけたくないなら、別れた後のアフターケアはあえて「なにもしない」だと心得ましょう。

1