1. まとめトップ

読んでほしい!心が温かく、癒される『瀬尾まいこ』さん小説本3選

瀬尾まいこさんの小説は、心が染み渡ります。

更新日: 2019年02月23日

6 お気に入り 2314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

8KOUKOKUさん

図書館の神様

内容紹介

主人公は、清く正しい青春をバレーボールに捧げてきた、その名も清(きよ)。あることがきっかけで、夢をあきらめて教師になるべく、海の見える中学校に赴任する(教員採用試験に受かっておらず、臨時雇いではあるが)。そこで、思いがけず文芸部の顧問となった清に訪れた変化とは……。「卵の緒」で坊っちゃん文学賞を受賞した瀬尾まいこの、デビュー第2作。大幅にファンを増やした評判作の、待望の文庫化。単行本未収録の幻の短篇「雲行き」も収録。

「正義かどうかはわかりませんが、『黙るべき時を知る人は、同時に言うべき時を知っている』という言葉を、ある時書物で見つけました。その時僕はなんだかとても疲れていて、この言葉に衝撃を受けてしまいました。今は僕はこれを正義ということにいたします」 図書館の神様/瀬尾まいこ

一人の大きな愛もいいけど、 たくさんのささいな気持ちも悪くない。 by 図書館の神様、瀬尾まいこ

瀬尾さんワールドは安心して読めるけど、
やはりこれも素晴らしかった。
中学生から大人まで多くの人に読んで欲しいです。

久しぶりに、泣ける小説でした。
でも、読み終わって、ホッコリできる、とってもいい本です。
娘たちにも、読ませたい!

春、戻る

内容紹介

結婚準備を進める私の前に、見ず知らずの「兄」と名乗る男の子が現れる。最初は戸惑うけれど、距離が縮まるうちに、私はその正体を思い出す。封印していた過去の挫折経験とともに。(解説/江南亜美子)

「春、戻る」瀬尾まいこ 突然現れた兄と名乗る人物。主人公のさやかとの関係性はそれだけ?ってちょっとすかされた感じがしたけど、すごくハートフルであたたかな話だった。 過去の辛かった記憶も時間が経って掘り起こすと、おかしくて少し笑える思い出になる。この考え方、素敵。 pic.twitter.com/JGI9jnWnZQ

春、戻る/瀬尾まいこ 終始ほんわか。 お兄さんがストーカーかと思って最初は気持ち悪かったけど 他人をあっさり受け入れることができるのは、人を疑うより信じることを優先する生き方をしているから? この人達って離れていても繋がっていそうとか、こういう人間関係っていいなと思いながら読む。 pic.twitter.com/ZhOFtQlnq9

結婚をひかえた主人公の前に、
ある日突然「兄」だという明らかに年下の男の子が現れる。
謎めいた始まりに、
どんな展開になるのかスリルを含みつつも、
温かく優しい登場人物に心癒されるお話。

読み終えた後、
もっとこの物語の世界に浸っていたかったーと、
寂しく思いました。

この本を読んで、自分の周りの大切な人を、もっともっと、大切にしたいと思いました。
幸せな気持ちになりました。

幸福な食卓

内容紹介

切なさの分だけ家族はたしかにつながっていく。

佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて……。それぞれ切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。

瀬尾さんは素敵な小説を書きますね。 涙ぐんでしまいました…。 何度もつぶやくけれど、瀬尾さんは絶対優しい教師だったと思う。 #瀬尾まいこ #幸福な食卓 #読書 pic.twitter.com/z81JO2c7o2

毎日朝食は家族4人そろって食べる。

その食卓から物語は始まる。

父の自殺未遂、母の家出、兄の大学進学断念、

そして、一応「普通」と位置づけられている妹。

こんな4人家族の日常を淡々と描いているだけなのだが、

それが温かくもあり、切なくもある雰囲気を醸しだしている。

「家族っていいな」と

重くなく、さり気なく気づかされます。

とっても読みやすく、幅広い世代におすすめできます。家族の物語、多様な家族のあり方に興味、関心がある方におすすめです。

著者:瀬尾 まいこ

瀬尾 まいこ(せお まいこ、1974年 - )は、日本の小説家。大阪府出身。大谷女子大学文学部卒業。中学校国語講師を9年務めた後、2005年に教員採用試験に合格。2011年に退職するまでは中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行なっていた。本名は瀬尾 麻衣子。 自身の中学校勤務を元にしたエッセイも執筆している。

1