1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

和解はなし…ハリル氏と協会の裁判は「最終決着」へ

このような形になってしまったのは悲しいですね。

更新日: 2019年02月23日

4 お気に入り 15056 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■多くの人が注目した”この裁判”に新たな動き

ハリルホジッチ元監督が田嶋幸三会長ならびにJFAを相手どった訴訟で、東京地裁から提案された和解に至らなかったことが分かった。

■ハリルホジッチ氏が民事訴訟へ踏み切った経緯

発端は昨年4月の電撃解任

ロシアW杯を目前に控えた昨年4月9日、日本サッカー協会は日本代表を率いていたヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を発表。

会見で田嶋会長は「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきていたことなど、総合的な判断で決断した」と説明した。

協会側の対応に納得せず

ハリルホジッチ氏は同27日、都内で会見を開き「コミュニケーション面などで問題はなかった」と協会の説明に反論。

弁護士を通じて具体的な解任理由の開示を繰り返しJFAに求めていたが事実上のゼロ回答だったため、昨年5月に東京地裁に提訴した。

■両者の主張

ハリルホジッチ氏側

コミュニケーション能力に問題があるかのような印象を世間に与えたのは悪質であり、社会的評価を下げ、名誉毀損にあたると主張。

慰謝料1円と、全国紙に謝罪広告を掲載し、その謝罪広告を日本サッカー協会公式サイト上にも掲載することなどを求めている。

協会側

そのうえで、田嶋会長の発言は名誉毀損に当たらず、社会的評価も下げていないとしている。

■双方とも和解の意思はない

第1回口頭弁論は昨年7月27日に行われ、第2回以降はすべて非公開で、現在に至るまで数回実施。

同年12月には東京地裁から双方の代理人に和解が提案されたが、双方とも和解の意思はなく、裁判が継続されることとなった。

なんとなく風化してるけど絶対フワッと終わらせてはいけない。 ハリルには頑張ってほしい。 協会にメスが入らないと日本サッカーに未来はない。 headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

ハリル氏と協会の裁判、和解はなし。双方が最後まで争う姿勢。結論は数ヶ月以内か headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… 辞めさせるとしてもタイミングは遅すぎたし、解任理由も適当で、協会のヴィジョン・計画性が欠けていたことは明らか。結果が出たから良かった・正しかったで済まされる話ではないんだよね。

サッカーの監督なんて電話一本でクビ宣告される世界なのにわざわざハリルに会いにフランスまで行った田嶋を礼儀で批判はただ批判したいだけが過ぎるw

ハリルとJFLの争い… 韓国に負けて東アジア選手権の優勝逃したって責任あるわけやし… 結果残さんと急にクビにされたからって…法廷にもつれこんでるとか見たことない(笑) それも慰謝料1円で謝罪文掲載が目的とか…イミフ(笑)

1 2