1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

元総理も加担だと…北海道地震のデマ拡散に批判の声が巻き起こっている!!

北海道地震が起きて被害がわかってくる中、様々なデマが起きて注意を呼び掛けています。そんな中警察が認定したデマの中に、鳩山元総理のツイートも含まれており話題になっています。何かとお騒がせの人物ですが、場合によっては逮捕の可能性があるわけで、様々な批判が巻き起こっています。

更新日: 2019年02月23日

1 お気に入り 14794 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

北海道地震が起きた…様々な声が起きる中

21日夜に起きた胆振地方を震源とする最大震度6弱の地震で、けがをした人は5人にのぼりました。

道のまとめによりますと、21日夜に起きた胆振地方を震源とするマグニチュード5.8、最大震度6弱の地震では、転倒するなどして苫小牧市で3人、札幌市で1人、登別市で1人のあわせて5人が軽傷を負いました。

また、厚真町では地震により水道管から水が漏れたため、豊沢地区の67世帯で依然として断水が続いています。

最大震度6弱を観測した厚真町では、一部地域で断水が発生し、避難所も設置された。

今回の地震について気象庁は「昨年9月6日発生の平成30年北海道胆振東部地震の一連の地震です」と、2018年9月に起きた地震との関連を指摘。

22日と前回の地震の震源を重ねると、ほとんど同じ場所で地震が起きていることが分かる。

そんな中デマが流れています。

地震ではデマが厄介…そんな中、鳩山元総理の情報が物議を醸している

北海道で最大震度6弱を観測した地震を巡り、SNS上でデマが出回っているとして、北海道などが公式ツイッターで注意を呼びかけている。

「俺の親戚が自衛隊なんだけど明日の朝本震来るって」「本当です!地鳴りがしているので5、6時間後には本震がきます」

2019年2月21日夜に起きた地震を受け、翌22日朝に北海道庁で開かれた道災害対策本部の会議では、こんなツイッター上の「流言飛語」が紹介された。

先日昨年の北海道厚真町地震が高圧でCO2を地下に貯蔵するCCSにより人工的に引き起こされたのではないかと書いた。実際、北大の研究者が5年前にその可能性があるとする論文を発表していた。日本では地震の影響を考慮するとCCSは非現実とも述べている。政府は決して認めないだろうがCCSは再考すべきだ。

22日に道警が「流言飛語」と認定した中には鳩山由紀夫元首相のツイッターアカウントもあり、投稿内容が物議を醸している。

鳩山元首相のアカウントは21日夜、「北海道厚真町の地震は苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによるものではないかと書いたばかりの本日、再び厚真町を震源とする震度6の地震が起きてしまった。(中略)CCSによる人災と呼ばざるを得ない」とツイート。

警察は鳩山元総理の情報拡散をデマと認定…場合によっては逮捕もあり得る

ライオンツイートで逮捕者が出ている。

熊本地震が発生した4月14日、とある『Twitter』ユーザーがおいふざけんな、地震のせいでうちの近くの動物園からライオン放たれたんだが熊本とツイート。雄のライオンが街を歩いている画像をアップした。

ツイートにより偽計業務妨害の疑いで神奈川県に住む20歳の男性が逮捕された。

災害時にデマを流し業務妨害をしたとして逮捕されるのは全国で初めてだそうである。

影響力が少ない一般人もデマで逮捕されることがあります。

道警は科学的データも調べないで厚真町地震と苫小牧のCCS実験は無関係でデマと認定した。国会論戦で中越地震・中越沖地震はCCSによって引き起こされた可能性があるとされ、長岡のCCSは中止となったのであろう。更に北大の研究者が地震誘発の可能性があると論文を書いている。道警は命を守ってほしい。

21日夜に北海道で発生した最大震度6弱の地震について、鳩山由紀夫元首相の「人災」などとするツイートを道警が「流言飛語」と認定したことを受けて、鳩山元首相は22日夜、「道警は命を守ってほしい」などとする反論をツイートした。

鳩山元首相はツイッターで、工場などから大気中に排出される二酸化炭素(CO2)の量を減らすため、CO2を地中深くに閉じ込める「CCS」と呼ばれる技術に再度言及。

北海道公式サイトからたどれる会議資料に載せられた、22日5時30分現在の「SNS上における流言飛語認知状況一覧」によると、鳩山由紀夫元首相のツイートまで、道警から「流言飛語」に認定されてしまっている。

損害が確認されれば逮捕もあるのか?しかし元総理なら、明確なデータをもとに発表してほしいところですよね。みなさんはどう思いますか?

様々な声が…

1 2