1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

コスパ重視「安すぎる外食」が日本を滅ぼす原因になるかも…

コスパを重視した安すぎる外食が日本を滅ぼす原因になるかもしれません。

更新日: 2019年02月23日

31 お気に入り 122520 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■日本の外食は安い

日本のビッグマックの価格はタイやギリシャよりも安く、スイスの半分ぐらいで、どの大手先進国よりも極端に安い

高級食材も、お店で食べた方がオトクではないかと 思ってしまう。それ位、日本の外食の割安感は際立っています

■日本を訪れる外国人も口をそろえて「安い」という

松屋とか吉野家など安くておいしくごはんが食べられるところです。ロシアはなかなかそういう店はない

何を食べても美味しいと外国人の皆さんは大喜び。確かに下手に自炊するよりか外食した方が安くすむ

愛想の良い店員さんのてきぱきとした接客やメニューの多さ、ごはんの量が選べるサービス、価格の安さ、更に隣で食べていた一般客の食べ終わるスピードの速さにまで、すべてに「凄い!!」の一言

■諸外国に比べてかかる経費が高いのに安い

飲食店の経営で経費を占めるのは、店舗の賃貸費用、材料費、そして働く人の人件費が3大コストになります。その中で日本が安いのは、賃料と人件費

日本の不動産価格は決して安くありません。材料も決して安くはありません。電気代やガス代も高い

■このギャップが日本を滅ぼす原因になるかも

日本人の生産性はイギリス人とほぼ同じですが、最低賃金はイギリスの7割しかもらえていません。最低賃金を低く設定して、それをベースに商品の価格を下げている

その結果、本来もらうべき給料がもらえなくなっているので、払えたはずの税金も払えなくなってしまっています。所得が低く抑えられているので、消費に回らず、間接的に消費税へも悪影響を及ぼしています。ワーキングプアも増えます。

デフレになれば、あらゆる経済活動が停滞し、税収が激減する

故に国を滅ぼす原因になります。

■この問題を危惧している人は多い

日本人が大好きな「安すぎる外食」が国を滅ぼす 「ビッグマック指数」に見る経営者の歪み | 国内経済 - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/267… #東洋経済オンライン @Toyokeizaiから 本当にこれなんだよ……「賃金を上げる」シンプルな話なんだが

日本人が大好きな「安すぎる外食」が国を滅ぼす 「ビッグマック指数」に見る経営者の歪み | 国内経済 - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/267… @Toyokeizaiより その通り。 もちろん無責任に企業に待遇改善ばかり押し付ける訳ではない。 その分物価は今の五倍くらいになるべきだ。

安すぎる外食が今の日本を象徴しているんだなあ。人口減少下で低賃金を従業員に強いての過当競争は日本経済にデメリットでしかない。非常に優れた論考。 toyokeizai.net/articles/-/267… #東洋経済オンライン @Toyokeizaiより

恵方巻きなど残飯問題にもつらなる。日本人の意識、というか経営のパラダイムシフトが必要では。 日本人が大好きな「安すぎる外食」が国を滅ぼす 「ビッグマック指数」に見る経営者の歪み | 国内経済 - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/267… @Toyokeizaiより

日本人が大好きな「安すぎる外食」が国を滅ぼす 「ビッグマック指数」に見る経営者の歪み | 国内経済 - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/267… #東洋経済オンライン @Toyokeizaiさんから これは本当に思う 逆に、皆で貧乏!で一見回るのも、周りもやってるからお前も我慢せいの国民性なのかしら

■値上げできない要因として「客離れ」がある

円安、原材料費高、人手不足、消費税アップ……、値上げは不可避だが、できずに苦しんでいる企業も多い

1 2