1. まとめトップ

あなたは誤解してない?故マイケルジャクソンのドキュメンタリー「リービング・ネバーランド」が反響を呼ぶ

「リーヴィング・ネバーランド」が驚き、反響、反発、ウソ、色々なものを生み出している。人間は、時々ウソをついてしまうことがある。そうしたことを判断する場が裁判所。この件についても、私はしっかりと2005年の裁判のような満足のいく判決が下ることを心から祈っている。R.I.P MICHAEL&JO

更新日: 2019年04月06日

0 お気に入り 3840 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KING・OF・POPことマイケル・ジャクソン

急死から10年が過ぎようとしている今、あるドキュメンタリーが・・・

扱ったテレビ局とは

HBO(エイチビーオー、Home Box Office の略)は、アメリカ合衆国の衛星およびケーブルテレビ放送局。

監督のダン・リード。

子どもの頃からマイケル・ジャクソンの大ファンであったという、ジェームズ・セーフチャック(40)氏とウェイド・ロブソン(36)氏の証言を基に作られた映画。
「(マイケル・ジャクソンという感覚ではなく)自分と同じぐらいの年齢の友人と遊んでいる感じだった」
「みんながやっているよ、君もやれば楽しいよ、と。新鮮なことを教えてあげるという感じだった。初めてだったから、性器がパンパンだったのが記憶にある」などと発言。
このような発言は世間にショックを与え、また、「心優しいマイケル・ジャクソン」というイメージを壊す発言だったといえる。みなさんのイメージも代わってしまったのではないだろうか。

しかし。。

これに対し、ファンは?...

「INNOCENT」の日本語への翻訳は、「罪を犯していない」や「潔白な」という意味になります。つまり、集った数多くのファンは、無実の罪に抗議するために集まっているということです。

約14年前に行われた裁判の結果は14の容疑全て「無罪」

生前は児童への性的虐待疑惑が持ち上がり、2005年の裁判において14件の容疑がかけられたものの、全ての容疑において無罪となった。

あのFBIがジャクソン氏に対して行った10数年間に及ぶ検査の結果は・・なんと!?

【FBIの調査結果】

・マイケルの私生活を10年以上モニターした結果、「性的虐待」の加害者と見なす証拠は何ひとつ見つからなかった
 ・マイケルの自宅にあった16台のパソコンを調べ上げたが、「少年性愛」との関わりは何も発見できなかった
 ・マイケルの自宅から1本だけ画質の悪い「怪しそう」なビデオを発見したが、鑑定の結果、なんでもない普通の内容だった

これだけの結果が出て、疑う余地があるのかというところです。

ファンが盲目みたいな言い方されてるけど、4時間くらいのドキュメンタリーで二人の意見聞いただけの貴方に言われたくないですwwwこちとら何万時間とマイケルを見てきたし様々な文献読んでるんですけどwww

有罪になったとか逮捕されたって話でもないのに?亡くなってるから反論もできず、勝手に悪者にされてるだけなのに、音楽流すのやめるとかCDやTシャツの販売をやめるとか、どういうこと? 本当に幻滅する。物事をしっかり見極めもせずにこうやって流されるわけね。恥ずかしくないのかね。 #MJINNOCENT

ファンだから偏った意見持つんだろって思われてるんだろうけど、その言葉をそっくりそのままお返ししたいわ 興味ないから自分から調べるでもなく、耳に入ってきた情報を信じてるんだろって

@CourrierJapon ちょwww マイケルが本当に虐待をしたということを証明する根拠を全くあげずにまるでポエムのようにマイケルは悪者だと洗脳させるような中立性の欠片もない記事出すのやめてもらえません?(苦笑)

少年の頃マイケル・ジャクソンに犯された男性2人(現在は成人)の告白を記録したドキュメンタリー『リービング・ネバーランド』は『ジェニーの記憶』のように切実で苦痛に満ちた映画で、諸星大二郎の『子供の王国』のように悪夢的だった。紹介するとまたマイケル・ファンに叩かれるだろうけど。 pic.twitter.com/mibJnech8s

このまとめを最後まで読んでくださったあなた、この映画評論家、町山智浩さんのツイートを見てどう思いますか?

少し短くなってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからも順次公開していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

1