【宮城県】

出典断腸の思いで厳選! 東北で押さえるべき20銘柄はコレだ!【東北地方の日本酒まとめ】 | GetNavi web ゲットナビ

宮城県では、食用米による純米酒造りを推進中。昭和61年には、県の酒造組合が高品質な純米酒造りを推進する「みやぎ・純米酒の県宣言」を行いました。



また、かつては岩手県から呼んだ南部杜氏による酒造りが中心だった地域ですが、現在は蔵元やその子息、社員杜氏が酒造りを行う蔵が増加中。技術者交流会や酒蔵見学会などを通じ、造り手同士の交流も活発化しています。



意欲的な若手経営者が集まり、共同醸造を行うDATE SEVEN(ダテセブン)も登場し、日本酒ファンの注目を集めています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【東北日本酒】米どころ東北といえば日本酒!!そんな日本酒のおススメをご紹介☆

米どころ東北だからなしえるクオリティの日本酒。また、伊達正宗御用達の酒や、飛行機のファーストクラス採用の日本酒など本当においしい東北の日本酒をご紹介☆

このまとめを見る