1. まとめトップ
  2. おもしろ

これはなんかスゴイ…Twitterで見つけた「これが日本」報告

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「これが日本」報告をまとめてみました!

更新日: 2019年02月24日

15 お気に入り 37917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「これが日本」報告をまとめてみました!

isaaccさん

Twitterで見つけた「これが日本」報告をまとめてみました!

○いちばん素晴らしい場所

ニュージーランドの居酒屋で、最近まで日本に長期滞在していたというフランス人と出会った。 フランス人「いろんなところ行きましたよ。東京、京都、大阪……」 僕「一番お気に入りの場所はどこですか?」 フランス人「デパ地下」 僕「デパ地下」 フランス人「この宇宙でいちばん素晴らしい場所」

@hassy_nz @ykkykym 横から失礼します。来日したドイツ人カップルをデパ地下にご案内した時も、「OH!!」「KAWAII!!」の連発であったことをご報告致します。

@hassy_nz 昔一緒に仕事したフランス人はガソスタに感動してました! 店員がガス入れて、窓まで拭いてくれて、こっちは何もしなくてもいい!まるでSFだって!笑

@hassy_nz F外から失礼します。 その方、大阪に滞在したのであれば、阪急阪神大丸のデパ地下に行っていて欲しいなぁ、と感じた次第です。

@hassy_nz ああいうクオリティが高くバリエーション豊富な美味しいお惣菜やお菓子がひしめき合っているところって海外にあまり無いですもんね。

○ドイツ発祥のバウムクーヘン

僕が好きな「こんな日本がすごい」ネタはドイツ発祥のバウムクーヘンを年輪に見立てて引出物としてポピュラーにしてしまい本国ではさほどメジャーな食い物でもないうえ作る際に火の近くでグルグルレバーを回す必要が有るため職人が早死にするとまで言われる製造法をロボットで完璧に全自動化した事です

@_Neillo_ 同意見多数とは思いますが、「バウム」とは樹木のことなので、年輪に見立てたのはドイツ人と思います。ただ、年輪を長寿とかのイメージに結びつけたのが日本人。

@_Neillo_ でもバウムクーヘンを作ったのはドイツ人なんだよなあ 他人が作ったのをいじくり回すのは得意 0から何かを想像して創造するのはできない日本人凄い 村社会の悲劇

○日本語は難しい言語

怪しい日本語のスパムが届くたび、「ああ、日本語が難しい言語でよかった…」と思う。

@y_tambe @kohsniconico アマゾンで買い物するときに、商品説明の日本語が変じゃないものを選んでいます。

○文化的違い

ホワイトボードに表を書いて「○」「△」と埋めながら議論してたら、途中でスペイン人が「ところで三角って良いの?悪いの?○より上?」と聞いてきて、アメリカ人にも△がイケてないという認識がなかったという発見。そんな文化的違いがあったとは。これ、日本だけ? アジア?

@knsmr 日本だけだね。Triangles are the strongest shapeだから、むしろ三角の方がいいかもと思ったりするw

@knsmr あえて出すなら、green, yellow, red の○なら通じます。×も通じますけどかなり強い否定に取られるかもしれません、多文化国だと記号の会話は通じなかったです。

@knsmr これおそらく日本だけですね。 アジアでも◎と○と△使った比較表みせたら、結局何が良いのかわからないって言われました笑

@knsmr こんにちは。 日本だけなはずですね。 日本も昔は○✕△に意味合いは無かったんです。 明治時代の小学校の通知表に「優劣の差が無い物を使って、評価を表す」と言う方針があったそうなんです。 しかしその結果、評価内容から○✕△に優劣の意味がついてしまったらしいです。

○画像はイメージです

1 2 3