1. まとめトップ

障害者だと彼女ができない?そんなことはない!障害者だけど彼女が欲しい人必見!

障害者だと彼女ができない?そんなこと誰が言い出したのでしょうか。障害者であっても乙武洋匡さんのように波乱万丈に恋愛をしている人だっています。障害者だと彼女ができにくい理由は、障害者だからではなく出会いが少なすぎることが原因であることが多いです。

更新日: 2019年02月24日

0 お気に入り 938 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

障害者だと彼女ができないなんてことは無い

まず結論から言うと、障害者でも彼女ができないなんて事はありません。

ですが、それでも実際は障害がある事が原因で彼女ができないと悩んでいる人は多いです。

その理由は大きく2つあります。

自分に自信が無さそうな人はモテない
障害者で彼女ができない1つ目の理由は、自分に自信が持てなくなってしまっている事です。

自分に自信がある人は頼りになるので性別問わず好かれやすいですが、特に女性は自分に自信のある男性には男らしさを感じて惹かれやすいという人がとても多いです。

しかし障害者にとってはその自信を持つという事が簡単な事ではなく、障害があるという事がコンプレックスに思えて積極的にアピールできない場合も多いです。

中には障害者が恋人だと相手に申し訳ないと思ってしまって、例え好きな人がいても片思いで止めてしまう心の優しい人もいたりします。

精神障害者でも彼女はできますか?

お世話になります。

双極性障害の30代男性です。
一応働けていて一人暮らしをしています。
しかし、障害の程度としては障害者手帳2級、障害基礎年金2級でヘルパー利用(家事援助)しています。
普段の生活ではうつでフラフラになって転倒したり、躁で相手を怒鳴り付けたりしています。
このような症状があるので難しいことはわかっていますが、理解して付き合ってくれるような女性はいるのでしょうか?

こんばんは。ピアサポーターです。
彼女はできますよ。
私の知り合いに双極性障害の人で、結婚した人はいますよ。
双極性障害に理解がある人は必ずいます。
恋愛もできますよ。まだ30代ならこれからです。
高望みをしなければ、出会いはいくらでもありますよ。

出会いのチャンスが少ないから
障害者で彼女ができない2つ目の理由は、出会いが少ない事です。

障害者と一言で言っても色々な障害がありますが、障害の重さに比例して出会いの数は少なくなっていきます。

彼女が欲しくても出会いの場に行くことができないでいたり、障害がある事でできる事が限られていてたくさんの出会いを望めないという場合も多いです。

障害者が彼女を作るためにはこれらの原因を取り除いていく事が大切です。

障害者だから彼女ができないんだと思い込んでる人へ

女性に質問 発達障害者は恋愛対象になりますか?
高3男子です 軽度の発達障害を持っています
中学生の頃から養護学校にいる為彼女いない歴=年齢です。発達障害と言っても日常生活には何の支障もありません。コミュニケーションもまずまずです。

障害の有無は恋愛に関係ないんじゃないでしょうか。
それよりも、女子はあなたみたいに愚痴愚痴と長ったらしく話す男が嫌いです。そちらを直した方がいいのではないかと。

障害があっても明るく自信に溢れた人はモテる
障害者で彼女ができないと悩んでいる人が彼女を作るためには、まず自分に自信を持つ事が非常に大切です。

障害者である事は決して人としてマイナスな事ではありませんが、彼女ができない原因であげたようにコンプレックスに感じて積極的にアプローチできないでいる人も多いです。

男性側の積極的なアプローチに女性は弱い
特に男性の場合はその積極性が男らしさに繋がってきたりもするので、自分に自信を持って積極的にアプローチしていく事は彼女を作る時にとても重要です。

「俺ならできる」と言えることを増やせば自信に繋がる
ではどうやったら自分に自信が持てるかというと、出来ることを増やしていく事が大切になります。

これは障害そのものを克服するという事ではなく、自分の出来る範囲内でできる事を増やすという意味です。

チャレンジ精神にみなぎっている男性は女性から見てカッコいい
新しい事にチャレンジする姿勢は誰が見ても格好いいですし、がんばっている姿勢に女性は惹かれやすいので障害者だからとふさぎ込んでしまっているより遥かに彼女ができる可能性が高まります。

もちろん彼女ができないからといってがんばりすぎたりせず、自分の心や体を最優先にして無理のない範囲で行う事も大切です。

障害者・健常者に関係なく自信に溢れた男性はモテる
そうやって新しい事に挑戦して少しずつ出来る事が増えてくると、障害者であるかどうかは関係なく自然と自分に自信が付いてきます。

自信が付けば障害をコンプレックスだとも感じなくなるので、肩の力を抜いて自分をアピールできて、なかなかできなかった彼女が簡単に作れたりするなんて事もあります。

1