1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

え、これみんな同学年!?30歳俳優達の活躍がめざましい件

1988~1989年生まれ、今後のさらなる活躍に期待大。

更新日: 2019年03月02日

14 お気に入り 33862 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tyanndaiさん

日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞した

第42回日本アカデミー賞の授賞式が1日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、『孤狼の血』の松坂桃李が最優秀助演男優賞に輝いた

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を戴きました。 どう言葉を発したらいいか、未だにわかりません。でもこの気持ちをここから先の作品、役にぶつけて一つ一つ、やっていこうと思います。本当にありがとうございました。 pic.twitter.com/Fk0KcSKZw7

去年大ヒットした広島ロケ映画「#孤狼の血」が第42回日本アカデミー賞で主演男優賞・助演男優賞をW受賞おめでとうございます!受賞を記念して、広島バルト11では3/8(金)から孤狼の血凱旋上映決定!この機会に、もう一度大きなスクリーンで見んといけんじゃろう pic.twitter.com/GPQdPbNC0h

『孤狼の血』は柚月裕子の小説を白石監督が映画化した作品。暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、血で血を洗うすさまじい抗争を起こしている暴力団と、彼らを追う刑事たちのバトルが描かれた

第92回キネマ旬報ベスト・テン、第61回ブルーリボン賞、第40回ヨコハマ映画祭でも助演男優賞を獲得しており、その演技を高く評価されている

「2018年は自分の中でも課題が見えてきた年でもあったので、それを踏まえて、40代のために30代をしっかりやっていこうと強く思う」

ヨコハマ映画祭ではこのように語っていた

2020年前期の朝ドラ「エール」主演

「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」など生涯で約5000曲を生み出した作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍した妻の金子をモデルにした作品

ヒロインとなる妻・金子は、今後オーディションで選ばれるとか

窪田正孝が演じるのは、福島の老舗呉服店の長男として生まれるも、音楽の才能を発揮し、独学で作曲を始める主人公・古山裕一

跡取り息子として伯父が経営する銀行に勤めながら音楽へも思いを断ち切れないでいる時に、歌手目指す女学生と知り合って文通を始め、恋に落ちた彼女と共に音楽の道を歩むことを決断する、という役どころ

つい先日主役決定の話を聞いたという窪田は「朝ドラの主役? 女性と思われているのかな」と茶目っ気たっぷり

朝ドラに3回目の出演で初主演をゲットしたが、「本当に光栄です。現場はまだ何も始まっていませんが、ここに決意表明したいと思います」と力を込めた

コンフィデンスアワード・ドラマ賞で助演男優賞受賞

第13回『#コンフィデンスアワード・ドラマ賞』 【助演男優賞】佐藤健(半分、青い。/義母と娘のブルース) 真逆の2役で魅力を発揮 「時期が重なったことは“幸運”」 oricon.co.jp/news/2122232/f… #佐藤健 #半分青い #義母と娘のブルース #ぎぼむす @gibomusu__tbs #オリコン #コンフィデンスアワード pic.twitter.com/3MJpdrYZUJ

18年7月クールで、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』とTBS系『義母と娘のブルース』というドラマ2作に出演。『半分、青い。』では、ヒロイン・鈴愛の幼なじみで、クールな理論派だが誰よりも優しく傷つきやすい好青年の律役。一方の『義母と娘のブルース』(TBS系)では、フーテンのダメ男・麦田章役

20代最後となった18年にタイプの異なる役を巧みに演じ分け、改めてお茶の間の人気者となり、30代への活動に弾みをつけた

1