1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

作品賞は『グリーンブック』!米国アカデミー賞受賞作品まとめ

第91回米国アカデミー賞受賞作品が発表された。作品賞など主な賞の受賞作品をまとめた。『グリーンブック』、『ROMA/ローマ』、『女王陛下のお気に入り』、『ボヘミアン・ラプソディ』、『ブラック・クランズマン』、『ビール・ストリートの恋人たち』、『スパイダーマン スパイダーバース』。

更新日: 2019年03月04日

17 お気に入り 19410 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

作品賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚本賞(ニック・バレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー)

◆『グリーンブック』(3月1日公開)

黒人ピアニストと彼に雇われた白人の用心棒兼運転手が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を手に人種差別が残るアメリカ南部を巡る人間ドラマ。

『はじまりへの旅』などのヴィゴ・モーテンセンと、『ムーンライト』などのマハーシャラ・アリが共演。『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリーが監督を務めた。

『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリーが監督を務めた。

監督賞(アルフォンソ・キュアロン)、外国語映画賞

◆『ROMA/ローマ』(Netflixで配信中)

『ゼロ・グラビティ』で第86回アカデミー賞監督賞に輝いたアルフォンソ・キュアロン監督が、1970年代のメキシコを舞台に描く人間ドラマ。

70年代初頭のメキシコシティ。医者の夫アントニオと妻ソフィア、彼らの4人の子どもたちと祖母が暮らす中産階級の家で家政婦として働く若い女性クレオは、子どもたちの世話や家事に追われる日々を送っていた。そんな中、クレオは同僚の恋人の従兄弟である青年フェルミンと恋に落ちる。

2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で、最高賞にあたる金獅子賞を受賞。

主演女優賞(オリビア・コールマン)

◆『女王陛下のお気に入り』(公開中)

ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イングランドの王室を舞台に描いた歴史サスペンス。

18世紀初頭、フランスと戦争中のイングランドで虚弱な女王アンを幼馴染のレディ・サラが操っていた。そこにサラの従妹で没落したアビゲイルが召使いとして参内し、サラと女王を惹きつける。

ドラマ「ナイト・マネジャー」などのオリヴィア・コールマンが主演を務める。共演は『ナイロビの蜂』などのレイチェル・ワイズ、『ラ・ラ・ランド』などのエマ・ストーン、『X-MEN』シリーズなどのニコラス・ホルトら。

主演男優賞受賞(ラミ・マレック)

◆『ボヘミアン・ラプソディ』(公開中)

「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ。

名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。

「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。

1 2