1,600ccクラスの小型スポーツクーペとなるカローラレビンは、結構長い間続いた車種で1972年に誕生した初代から2000年の7代目まで継続したことを始め、他の車種との区別はボディデザインだけではなく、エンジンの性能がよい、排出ガス規制にも対応している、2T-GEU型搭載モデルもある、装備を見直してさらなる向上を図ったなどの実績があったおかげで、5代目では今までにはない未曾有の販売台数を記録することができた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

トヨタが誇る往年の名車・カローラには豊富なバリエーションがあった

1966年から現代に至っているトヨタ自慢の乗用車・カローラは自社の業績に貢献して戦力となっているが、長い間の中でカローラの名前が付いているがそれぞれ性能が異なる乗用車も出ていることを忘れてはならない。

このまとめを見る