1. まとめトップ

現天皇陛下、譲位後名誉表す”上皇”を、英語称号”Emeritus(エメリタス)”に決定!!

現天皇陛下が譲位後の新元号も気になるところですが、本日は、現天皇陛下が譲位後なられる称号について、宮内庁より発表になりましたので、世間の声も一緒にまとめてみました!!

更新日: 2019年02月25日

1 お気に入り 5611 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新元号は皆さん予想していますか?称号については予想してましたか?本日称号が発表になりました!!な、なんと!!英語表記です!!

rilostichiさん

そもそも皇室における称号って何??

知らない方も多いと思います!!まずは、称号について!!

御称号
概要[編集]
伝統的に日本の皇族の幼少時に与えられる呼び名である。漢字の出典については、『五経』などの古典から学者が選出し、天皇に複数の案を提出し、天皇が案から選ぶことになっている。慣習によるものであり、特定の法令に基づくものではない。
現在、皇族の称号は天皇または皇太子の子女にのみ与えられ、宮家の子女には与えられていないが(例えば秋篠宮家の悠仁親王などには与えられていない。)、かつては、宮家の子弟も含むいかなる皇族も称するものであった。現在は漢字一文字と「宮」の組み合わせであることが多い(明治天皇の皇女・富美宮のように、漢字二文字の場合もある)。この慣習が、いつ頃から始まったのか定かでないが、中世には既に定着していたようである。

上皇が復活するのは200年ぶり!?

今までは、天皇陛下がお亡くなりになられてから元号が変わっていましたよね!確かに、我々が生きている間で上皇という言葉を耳にすることはなかったですよね!!200年ぶりに復活するということです!!

上皇 (天皇退位特例法)
上皇(じょうこう)とは、2019年5月1日以降の、天皇の退位等に関する皇室典範特例法第二条の施行に基づき退位する日本の天皇の称号。
概要
退位特例法第三条に基づき、退位した後の今上天皇の称号を「上皇」とし、敬称は退位前と同様に「陛下」とした[1]。
喪儀及び陵墓の格式については天皇と同様としている。従って上皇の崩御に当たっては大喪の礼が執行され、天皇陵が造営される。 その他の事項については皇族の例に倣うとし、皇族の位置付けではあるがその一方、皇位継承権や皇室会議の議員就任権は認められていないなど、一般の皇族とは差が設けられている。
上皇の后は「上皇后」であり、敬称は陛下である。
なお、「上皇」の名称が復活するのは江戸時代の光格上皇以来約200年振りのことで、東京の地で誕生し即位した天皇(東京奠都後)としては史上初めてである。また、憲政史上初(今上天皇以前に大日本帝国憲法および現行の日本国憲法下で天皇は退位していない)の上皇でもある。

本日、天皇陛下、譲位後名誉表す、英語称号に決定いたしました!!

まずは、ニュースをまとめてみました!!

【宮内庁】上皇の英語表記が決定、皇嗣は「皇太子」と同じ news.livedoor.com/article/detail… 天皇陛下が退位後になられる上皇の表記は「His Majesty the Emperor Emeritus」とすると発表した。 pic.twitter.com/c0WUUaL7ic

「上皇」の英語ご称号、名誉表す「エメリタス」に sankei.com/life/news/1902…  →天皇陛下が譲位後になられる「上皇」の英語での称号を「the Emperor Emeritus」に決定したと宮内庁が発表。上皇后は「the Empress Emerita(エメリタ)」に。

上皇の英語表記決定、宮内庁 皇嗣は「皇太子」と同じ
2019年02月25日16時16分

 宮内庁は25日、天皇陛下が退位後になられる上皇の英語表記について「His Majesty the Emperor Emeritus」とすると発表した。皇后さまがなる上皇后は「Her Majesty the Empress Emerita」に決まった。

 秋篠宮さまがなる「皇嗣」は、皇位継承順1位を意味するため、現在の「皇太子」と同じ表記の「His Imperial Highness the Crown Prince」とした。

 宮内庁によると、海外王族の称号などを参考に、外務省とも協議を重ねた。「Emeritus」は、名誉教授などにも用いられる呼称。

上皇の英語表記決定、宮内庁 皇嗣は「皇太子」と同じ
宮内庁は25日、天皇陛下が退位後になられる上皇の英語表記について「His Majesty the Emperor Emeritus」とすると発表した。皇后さまがなる上皇后は「Her Majesty the Empress Emerita」に決まった。

 秋篠宮さまがなる「皇嗣」は、皇位継承順1位を意味するため、現在の「皇太子」と同じ表記の「His Imperial Highness the Crown Prince」とした。
 宮内庁によると、海外王族の称号などを参考に、外務省とも協議を重ねた。「Emeritus」は、名誉教授などにも用いられる呼称。

上皇の英語名決まる=「名誉」付けた称号―宮内庁
時事通信 / 2019年2月25日 16時12分
宮内庁は25日、天皇、皇后両陛下の退位後の名称である上皇、上皇后の英語の称号名を発表した。現在の両陛下の称号に、職務を退いた後の「名誉」を意味する単語を加え、上皇は「His Majesty the Emperor Emeritus」、上皇后は「Her Majesty the Empress Emerita」とした。
 同庁の西村泰彦次長が会見で明らかにした。退位後の称号に「Emeritus」を使う例は、2013年に退位したローマ法王ベネディクト16世があるが、外国の王室ではこれまでないという。 
[時事通信社]

「上皇」の英語ご称号、名誉表す「エメリタス」に 宮内庁決定
宮内庁の西村泰彦次長は25日の定例会見で、天皇陛下が譲位後になられる「上皇」の英語での称号を「the Emperor Emeritus(エメリタス)」に決定したと発表した。上皇后は「the Empress Emerita(エメリタ)」とする。「エメリタス」「エメリタ」は、経験や功績の蓄積に対する称賛や敬意を表す意味があるという。
 同庁によると、スペインやベルギーなどの王室では、退位後も国王時代の称号を継続しているが「お立場が変わることを明確にし、譲位後も名誉ある地位におられるという意味でふさわしい」としている。「エメリタス」は前ローマ法王ベネディクト16世の退位後の称号としても使われているという。
 秋篠宮さまがなられる皇嗣(こうし)は、従来の「皇太子」と同じ「the Crown Prince」とする。

上皇の英語表現、「Emeritus」と名誉職を明記へ
宮内庁は25日、退位後に上皇となった天皇陛下を英語で「His Majesty the Emperor Emeritus」と表すと発表した。天皇陛下を表す言葉に名誉職に退いたことを意味する「emeritus」を付け加える。
 上皇后となる皇后さまは「Her Majesty the Empress Emerita」とする。
 「emeritus」は、経験や功績の蓄積に対する敬意を示す表現で、宮内庁によると、2013年に退位した前ローマ法王、ベネディクト16世の称号にも用いられている。ただ、各国王室では例が無い表現という。
 宮内庁が各国の王室を調べたところ、退位した国王に引き続き同じ称号を用いるスペインやブータン、ベルギーなどの例や、即位前の称号に戻すオランダの例があることがわかったが、西村泰彦次長は「我が国にはあまりふさわしくない」と説明した。(中田絢子)

【更新】退位後称号は「上皇」? 毎日と日経が正反対の報道、菅官房長官は思わず苦笑い
どちらも主語は「政府」。毎日新聞は上皇という呼び方を用いない理由について、「象徴の分裂が起こる懸念」があると報じています。
天皇陛下の退位に関連し、退位後の呼称をめぐって毎日新聞と日経新聞が正反対の報道をしている。
どちらも1月12日の1面で大々的に、そして正反対に報じた。「上皇」と呼ぶか、呼ばないかの違いだ。
日経新聞は「天皇退位後『上皇』に」との見出しだ。一方の毎日新聞は「退位後称号『上皇』使わず 政府『前天皇』など検討」としている。

Twitterの声は!?

世間の皆様の声をツイッターで調べてみました!!

"退位後の称号に「Emeritus」を使う例は、~~外国の王室ではこれまでないという。"  それは普通は潔く退かれるからよ 上皇の英語名決まる=「名誉」付けた称号-宮内庁(時事通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-… @YahooNewsTopics

上皇の英語表記決定、宮内庁 皇嗣は「皇太子」と同じ 「宮内庁によると、海外王族の称号などを参考に、外務省とも協議を重ねた。「Emeritus」は、名誉教授などにも用いられる」 譲位後も称号を維持する海外王室を参考にしたら「Emperor Emeritus(名誉天皇)」にはならんやろ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-…

emeritusは「職を退いたが前職の名誉を保持している」という意味で、大学の名誉教授もprofessor emeritusとなる。

上皇の英語表記決定、宮内庁 皇嗣は「皇太子」と同じ(共同通信) 上皇 = His Majesty the Emperor Emeritus 上皇后 = Her Majesty the Empress Emerita Emeritus = 名誉(退職)の 皇嗣 = His Imperial Highness the Crown Prince = 皇太子。皇太弟でも同じだったと思われる。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-…

スペイン、ベルギーなど欧州王室を参考にするなら His Majesty Emperor 御名 となるはずですが、上皇という新称号を使用する以上、なんらかの英訳称号は必要ではあると思っていましたが His Majesty the Emperor Emeritus 上皇陛下 Her Majesty the Empress Emerita 上皇后陛下

Emeritusだと、名誉の退職とか、名誉教授とかそういう意味がたしかありますよね…。

上皇の英語名決まる=「名誉」付けた称号-宮内庁(時事通信) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-… >上皇は「His Majesty the Emperor Emeritus」、上皇后は「Her Majesty the Empress Emerita」とした エメリタス、エメリタ… 厨ニ心が疼く

His Majesty the Emperor Emeritus 日本史上初の上皇陛下の英語スタイルが決定しました。 Professor Emeritusで名誉教授 前教皇ベネディクト16世はPopa Emeritus、和訳で名誉教皇という称号を使用しています

上皇の英語表現、「Emeritus」と名誉職を明記へ:朝日新聞 asahi.com/articles/ASM2T… 上皇陛下が His Majesty the Emperor Emeritus で上皇后陛下が Her Majesty the Empress Emerita ね。OK >退位した前ローマ法王の称号にも用いられている。各国王室では例が無い表現 王じゃないからね

宮内庁:ご称号とお代替わりの基本用語(日本語・英語) kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/… 上皇陛下 His Majesty the Emperor Emeritus 上皇后陛下 Her Majesty the Empress Emerita 皇嗣殿下 His Imperial Highness the Crown Prince 皇嗣妃殿下 Her Imperial Highness the Crown Princess

1 2