1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

結婚式でかけたい音楽をシーン別にまとめてみました。曲の選び方や使い多々もご紹介しています。

EVANSTONさん

結婚式準備をするにあたって、結婚式でかける音楽選びは重要で、多くの新郎新婦が悩む部分です。

結婚式でかける音楽によって、式の雰囲気が変わり、明るい結婚式、大人な結婚式など印象が変化します。

今回は、「どんな音楽が式に合うのかわからない…」というカップルの方に向けて、結婚式にかけたい音楽をシーン別にピックアップしました。

曲の選び方や効果的な使い方も紹介するため、ぜひ結婚式でかける音楽選びの参考にしてみてくださいね。

結婚式でかける音楽の選び方のポイントをおさえよう

結婚式でかけたい音楽を紹介する前に、結婚式に合う音楽の選び方を見ていきましょう。

自分たちの好きな音楽をかけたいという思いもありますが、結婚式のイメージやシーン別に気をつけたい点などに配慮することで、より素敵な結婚式を作ることができます。

結婚式のイメージに合った音楽をかけよう

まずどのような結婚式にしたいかをイメージしましょう。

明るくてにぎやかな結婚式、しっとりと大人な結婚式など結婚式のイメージだけでなく、式場が洋風か和風かなどのコンセプトも合わせて考えると、よりイメージする結婚式に合った音楽を選ぶことができます。

またカップル同士でイメージを共有することも大切です。

曲選びは、好みやこだわりがあり、結婚式準備の中でも時間がかかる部分と言えます。

ふたりでどのようなイメージで結婚式をしたいか、そのためにどのような音楽が良いかをしっかり話し合って決めましょう。

カップルのかけたい音楽とゲストも分かる音楽をバランスよくかけよう

「結婚する自分たちらしい音楽をたくさんかけたい!」「好きな曲をたくさん選びたい」という声もあるでしょう。

自分たちらしさも大切ですが、曲調が偏って飽きてしまったり、ゲストにとって知らない曲が多くて置いてきぼりになってしまったりする可能性があります。

自分たちらしい音楽や思い出の曲と合わせて、ゲストにも配慮した音楽を取り入れましょう。

結婚式会場にいる全ての方が楽しむことができるバランスの良い音楽選びが重要です。

音楽の歌詞にも要注意!

好きな音楽やおしゃれな洋楽でも、実は別れの曲だったということも考えられます。

洋楽は、大人な雰囲気やおしゃれな雰囲気を演出できるため、結婚式に多く使われます。

曲調や雰囲気で選んだ後に、「日本語にすると別れの曲だった…」ということがないように、歌詞もチェックしておきましょう。

結婚式のシーンに合わせて音楽を効果的にかけよう

結婚式は、いくつかのシーンに分けることができます。

ゲストのお迎えや新郎新婦入場、ケーキ入刀などシーンに合わせた音楽選びも重要です。

シーンごとに音楽選びのポイントやおすすめの音楽を紹介していきます。

【迎賓】ムードのある音楽でゲストを迎えよう

ゲストを迎えるための音楽は、クラシックやジャズなどの落ち着いた音楽やテンポの良い音楽で、ムードを演出しましょう。

ゲスト同士の挨拶やゲストが揃うまでの歓談などを邪魔しないように、歌詞のないしっとりとした音楽がおすすめです。

落ち着いた音楽でも、曲調が暗いと、結婚式の雰囲気も暗くなってしまうため、注意しましょう。

【入場】明るく盛り上がる音楽がおすすめ

新郎新婦入場は、結婚式で盛り上がるシーンの一つです。

結婚式の華やかな雰囲気を演出するために、明るい音楽を選びましょう。

歌詞のある音楽を選ぶ場合は、扉が開くと同時にサビがくるように編集したり、ドアを開くタイミングを打ち合わせしたりして、最高の入場に向けての準備が大切です。

式の雰囲気によっては、ピアノの生演奏なども入場に適しています。

【乾杯】披露宴の始まりを盛り上げる音楽を選ぼう

乾杯の挨拶で、結婚披露宴が始まるため、明るく楽しくなる式のスタートにふさわしい音楽を選ぶましょう。

乾杯の時にかける音楽は、会場のすべての方の耳に届くため、多くの世代に認知された定番曲もおすすめです。

【ケーキカット】明るくポップな音楽がおすすめ

ケーキカットは、新郎新婦に注目集まるシーンで、一番のシャッターチャンスです。

主役の二人が好きな曲や思い出の曲をかけたり、明るくポップな音楽を選んだりして、ケーキカットを盛り上げましょう。

【ご歓談】ゲストの会話を邪魔しない音楽選びが大切

ご歓談では、ゲストの会話を邪魔しないように、歌詞のない音楽や落ち着いた音楽を選びましょう。

クラシックやジャズなどしっとりとした曲調で、会話と料理を楽しむ環境を作る配慮が大切です。

【お色直し入退場】衣装の変化に合わせて曲調も変えてみよう

お色直しで退場する際は、演出に合わせて音楽を選ぶのがおすすめです。

家族や友人などエスコートしてもらう人に合わせて、思い出の曲を選ぶと感動的な退場シーンとなります。

お色直しが終わって、改めて入場する時の音楽は、衣装の変化に合わせて曲調を変えてみましょう。

結婚式を感動的にしたり、遊び心を入れたりして、結婚式をより盛り上げることができます。

【テーブルラウンド】演出に合わせて曲を選ぼう

1 2