1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

deepimpact44さん

太陽のタマゴ(マンゴー)

宮崎のマンゴーは、「完熟」にこだわり、樹上で熟し自然に落果したものだけをネット袋でキャッチし収穫します。
 一度食べたら忘れられない、トロピカルで濃厚な甘みが多くのファンを魅了しています。

クラウンメロン(マスクメロン)

マスクメロンのシンボルとされているT字形のつる。これは1本の木に1つの果実だけを実らせたことの証明です。1個の果実に1本の木の全栄養を注ぎ込んではじめて、果物の王様といわれるマスクメロンの、そのなかでも最高の名を冠せられているクラウンメロンが誕生するのです。そしてまた、その一つひとつの珠玉の実には、長い伝統によって培われたプロフエッショナルたちの卓越した栽培ノウハウも注ぎ込まれています。

栽培者たちの名人芸によって生まれる究極の味。

せとか(柑橘)

果実の大きさは200グラムから300グラム程度で、タンゴールタイプとしては比較的大玉である。果面はなめらかで美しく、果皮は非常に薄く色も赤橙色を呈している。浮き皮の発生も少ない。アンコールの親品種であるキングマンダリンに似た香りがある。果汁糖度も13度から14度と極めて甘味が強い果実で食味が良い品種である。

ル・レクチェ(洋ナシ)

数ある洋梨の中でも最も栽培が難しく、その生産量は少ないために、国内流通もあまりしていません。故に名前を知らない方がほとんどかと思います。また、ル・レクチェは、収穫後に『40日~60日』ほど追熟させなければ食べられないことや、追熟の為に広い保管場所が必要となること、病気にあまり強くないことから、実は育て上げるのがとっても大変な果物。フランスでさえ今ではほとんど生産されておらず、”幻の洋梨”と呼ばれているほど繊細な品種なのです。

マスカット・オブ・アレキサンドリア(マスカット)

日本では一般的に「マスカット」と言えばこのマスカット・オブ・アレキサンドリアを指していると言って良いでしょう。これまで様々な新しい品種が生み出される中、その容姿、風味共に非常にエレガントなブドウとして長年高級ブドウの代名詞として君臨し続けています。

月光(プラム)

最高級プラム、幻のプラムといわれる月光

一口食べると、おシルがジュル~ポタポタ~

真夏の太陽を思わせるお味です。



栽培が難しく生産量が非常に不安定なために作る人がいません。

高級果物店で数日店頭に並ぶだけ・・・・

高徳/こみつ(りんご)

ルビーロマン(ぶどう)

400本の樹の中で赤い実を付けたのはわずかに4本。この中から、味、色、房や粒の大きさなどの品質、栽培のしやすさなどの地道な調査を繰り返し選ばれた1本が、「ルビーロマン」です。

1