1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット
3 お気に入り 4143 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zzrn6kさん

【米中対立まで引き起こす「5G」】

米中対立の本質は貿易紛争ではなく、ハイテクを巡る覇権争いだ。

米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国対中国の対立構図が鮮明になってきた。背景には、次世代通信システム「5G」を巡るハイテク覇権争いがあるとみられている。

現行の約100倍の通信速度であらゆるモノを結べる5G導入の動きは、ハイテク覇権争いを招いた。中国で5G開発を主導するファーウェイや中興通訊(ZTE)の製品を導入すると、機密情報が中国側に流れる危険がある――と米国側は主張、中国側は「事実無根」と反論する。

【「5G」って何だ?ざっくり言うと。】

5Gは現在のスマートフォンなどに使われている4Gに代わる新しい通信方式で、第5世代という意味です。

「G」とは「Generation」の頭文字の「G」で世代を意味します。

通信速度は4Gの10倍以上で、例えば2時間の映画が3秒程度でダウンロードできるようになるとされています

【通信技術って言うのは判った。今でもスマホがあるじゃないか?】

1Gから4Gまでの変遷

1G 1979年 アナログ通信
2G 1993年 デジタル通信
3G 2001年 国際標準
LTE・4G 2012年 超高速化

LTE・4Gでは、3Gの約10倍となりました。スマートフォンの利便性がさらにに向上し、高画質な動画やゲームを楽しめるようになりました。私たちの現在のモバイル通信インフラは、主にこの4Gによって支えられています

【「5G」で何が変わるのか?】

最大速度は、約10Gbps(※基地局までの距離によって異なる。)とされています。LTE/4Gの約100倍の速さにあたり、まさに「超高速」に他なりません。

LTE/4Gが10~数十ミリ秒の遅延が発生していましたが、5Gでは1ミリ秒以下まで小さくなるため、最低でもその精度は10倍まで高まるのです。

「同時多接続」ですが、5Gになると従来の30~40倍の約100万台/k㎡のデバイスが同時接続できるとされています。

5Gが普及すれば、映像の転送は8Kまで対応できるようになります。8Kというと、まつ毛1本まで認識できるレベル。私たちの目で見る以上の解像度です。

自動車やクレーン車など、ありとあらゆるデバイスをひとつのアクセスポイントから制御できるようになり、今後のIoT化に拍車をかけていく見通しです。

【5Gで想定されているサービス】

5G通信によってドローンをコントロールできる範囲が広がり、日本を縦断する広域型の登場も期待できる。

リアルタイムの映像(たとえばスポーツ観戦など)を自宅で見ている場合、好きな角度から見ることができたり、まるでスタジアムにいるような体験をすることもできるでしょう。

【「5G」でSFのような世界が実現するかもしれない。】

あらゆるモノにセンサーが取り付けられ、そこから収集されたビッグデータがクラウド上に蓄積され、それをAIが分析・学習し、フィードバックによってモノの行動が最適化される。

分身のように操れるヒト型ロボットが登場。視覚、聴覚、触覚、嗅覚といった五感に関するフィードバックも可能で、実際にその場へおもむいたような感覚が得られる。(中略)遠隔地のレンタルロボットに乗り移って、自宅にいながらワープするように仕事を行える。

【我々はいつ「5G」を利用できるのか?】

2月20日(米国時間)、サムスン電子は世界初となる5G対応スマホ「Galaxy S10 5G」を発表した。

アメリカや韓国、ヨーロッパにおいては、今年中に5Gがスタートする計画だ。そのため、各キャリアでは5Gの第一号機としてGalaxy S10 5Gを採用するようだ。

日本では、5Gの免許の割り当てすら現状、決まっていない。(中略)実際にキャリアが基地局を建て、プレサービスが始まるのが、9月に日本で開催されるラグビーのワールドカップの頃とされている。

1 2