1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼ここ最近はフジテレビ「バイキング」のMCなどで知られる坂上忍

坂上 忍(さかがみ しのぶ、1967年6月1日 - )は、日本の俳優。マルチタレントで演出家や映画監督、司会者、コメンテーター、エッセイストとして活動し、かつてロック歌手としても活動していた。東京都杉並区西荻窪出身。

▼坂上忍といえば元子役  天才子役と言われた

4歳上の兄(元子役で現在は映画プロデューサーの坂上也寸志)が劇団に入っていたところ、九州から上京した父方の祖母が亡くなったときに忍が閉じこもりがちになったので、劇団で友達を作らせた方がいいとの教育方針で、3歳から劇団若草(たまたま家から歩いて5分の所にあった)に所属した。テレビドラマの子役としてデビューし、天才子役と言われた。

▼かつてロック歌手としても活動していた

役者業から逃げる口実として1984年に音楽の道へ一時転身するも、今度は取材の多さなどに苦痛を感じる。

折しも尾崎豊、吉川晃司、本田恭章ら同じくロックミュージシャンが台頭した時期だった。

▼2009年6月1日には子役のスクールを開校 裏方に回るかと思われたが・・・・

2009年6月1日、芸能スクール・アーティストの発掘・育成プロダクション「アヴァンセ」キッズアクタープロダクションを開校。

それと並行でネオモデルタレントスクールの特別講師も担当している。

▼2012年 坂上忍に転機が訪れる 『笑っていいとも!』への出演がきっかけでバラエティ番組の出演が相次ぐようになる

2012年、フジテレビ『笑っていいとも!』内のコーナー「行列のまったくできない人生相談所」へ出演した際に「ブスは嫌い」と毒舌を吐いたことがきっかけでバラエティ番組の出演が相次ぐようになり、ニホンモニター社「2014上半期タレント番組出演本数ランキング」では、出演番組数216番組・総合16位となった。

▼つまり、このキャラクターが受けた

▼2014年4月1日より『バイキング』がスタート 2015年3月30日から総合MCに抜擢

つまりタモリの後継者はまさかの坂上忍だった

タモリの後継者がまさかの坂上忍・・・・誰がこの展開を予想できただろうか?

『笑っていいとも』が2014年3月31日の放送で32年に渡る歴史に幕を下し、翌日4月1日からフジテレビの新しい昼の帯番組となった『バイキング』の月曜MCに抜擢された(「(スタッフから)攻めてほしいと言われている」とのことで当初はラフな髪型で出演)。

番組開始から1年間は総合MCが不在だったが翌年2015年3月30日から総合MCに抜擢され、名実ともに「フジテレビのお昼の顔」となった。

▼坂上忍が日本テレビ『アナザースカイ』に出演 韓国へ向かう

坂上忍が韓国でジンロとマッコリを40時間で103本って狂った呑み方してるけど言ってることかっこいい… pic.twitter.com/KWLD1QQCUh

▼「早く干されたい。こんなクソみたいな業界」と激白

1 2 3