「マグニチュード」は、地震そのものの大きさ(規模)を表すものさしです。一方「震度」は、ある大きさの地震が起きた時のわたしたちが生活している場所での揺れの強さのことを表します。

出典マグニチュードと震度の違いは?

マグニチュードの小さい地震でも震源からの距離が近いと地面は大きく揺れ、「震度」は大きくなり、マグニチュードの大きい地震でも震源からの距離が遠いと地面はあまり揺れなく、「震度」は小さくなる

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

M7級の地震発生確率は90%!? 災害時に備えるためにおさらいしたい5つのこと

宮城県沖などでマグニチュード(M)7級の地震が発生する確率は90%だと発表されました。改めて地震災害が発生した際におさえておきたい5つのことをまとめました。

このまとめを見る