1. まとめトップ

『145人にプロポーズされた』19世紀最高の美女のお顔を、拝みたい

女子なら羨ましすぎる。生まれは『お姫様』でありながら、なおかつ、『時代を代表する美女』。何と『145人の男性がプロポーズ』をし、この美女の気を引こうとするあまり、13名の男性が自ら命を絶ったとも言われている。いったい .... 。

更新日: 2019年02月27日

6 お気に入り 62816 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼『中東』には『美女が多い』ことで、有名

▼『145人の男性がプロポーズしたというお姫様』とは

今回紹介する美女というのは、なんと生涯にわたり145人にも及ぶ
男性たちから求婚されたという、19世紀のペルシャ・ガージャール朝
のお姫様である。女子なら羨ましすぎる事態だな~。

ガージャール朝とは、1779年から1925年まで現在のイランを中心に
支配していたイスラム王朝だ。みなさんも、イランなどの中東周辺は
とんでもない美女がたくさんいることはご存知だろう。

▼では、お顔 ... はいけーん!!

んっ ...

ゴシゴシゴシ ...

現代日本の美意識と、ちょっと違うかも ...

(それでも、)保守的なイスラム系の当時からしたら、
悩殺ものの足元だったに違いない。

▼ガージャール朝では、『美の象徴』だった人物

19世紀のペルシャ・ガージャール朝のお姫様ザラ・カヌン・タジエ
・サルタネ(Zahra Khanom Tadj es-Saltaneh)さんといい、1900
年代初期のガージャール朝では、美の象徴と考えられていた人物で
ある。

▼145人の男性のうち、『13名の男性が自ら命を絶った』ほど

当時の男性陣にはたまらない絶世の美女だったようだ。そのため、
プロポーズした145人の男性のうち13名の男性は、姫の気を引こうと
するあまり自ら命を絶ったとも言われている。

▼寄せられた声

ペルシャの中でもタジキスタン周辺の習慣だな 眉毛がつながった
のが美人とされるタジキスタンでは今でも美人の範疇だろう

1